夢の中のたからら

任侠かもしれない

最近は任侠作品の感想を書いてます。

【日本統一15】やっぱりおまえは俺らの上を行く人間だ【151617セット】

 

概要・あらすじ

東北抗争は一応の終幕を迎えた――。しかし、依然として東北、そして、広島極道を中心とする西日本睦会への睨み合いは続いているのであった。そんな中、福井での小競り合いから地元やくざ坂下組と侠和会との抗争が勃発する。西日本睦会と繋がる坂下組はこれを機に侠和会襲撃を画策、侠和会々長・工藤(白竜)と若頭・川谷(小沢仁志)にヒットマンを放つのであった・・・。
(youtubeより引用)

キャスト・スタッフ

監督◆山本芳久
主演◆本宮泰風, 山口祥行, 小沢仁志
(Prime Videoより引用)

ストーリー

前回までのあらすじ→先の結果により財前組が福島でごたつく→丈治、組長付きに出世→これからのことについて→いつものバー→玄誠会会長、高坂引退で2代目会長を福本となり二代目睦会会長はどうするか?→福井駅ビル建設問題でごたごた→♪心理テストタイム♪→福島でのごたごたの件について→福井ビル問題で坂下組、三田組返り討ち→坂下組玄誠会新たな策→三田、工藤、ヒットマンにより襲撃を受ける(三田死亡、工藤意識不明重体→侠和会内犯人探しに難航→関東もちょっと不穏→田村、坂下組事務所に乗り込み爆破→会長意識取り戻す→氷室、襲撃犯に囲まれどうなるの?→
16へ続く⇒

登場人物

二代目侠和会

会長:工藤雅信
侠和会若頭補佐/三谷組組長:三谷弘志
三谷組若頭?:オオモリ
侠和会若頭補佐/馬場組組長:馬場伊佐雄

工藤組

本部長/二代目組長:渡部圭太
侠和会工藤組幹部/財前組組長:財前直也

三代目山崎組

侠和会若頭/山崎組総裁:川谷雄一 
侠和会幹部/三代目山崎組組長:氷室蓮司

侠和会山崎組若頭/三代目川谷組組長:田村悠人

若頭補佐/中島組組長:中島勇気
山崎組幹部:三代目三上組組長:渋谷誠吾

侠和会山崎組若頭補佐/二代目龍征会会長:菅谷謙太
山崎組組員→組長付き:坂口丈治

西日本睦会

二代目玄誠会
玄誠会会長:福本貞夫
玄誠会幹事長/二代目福本組組長:原木秀一
(福井)坂下組組長:坂下惟秀

丸神連合

丸打組二代目三田組組長:秋本照政
三田組若頭二代目秋本組組長:若宮猛
水神会沖田組組長:沖田学

その他

ニシカワ建設社長

f:id:t_karara:20191230211645j:plain

ココが好き!

●いつもの2人

田村「だから前から言ってんじゃん、俺はおまえと盃直す気はねぇって」 
氷室「俺はおまえの性格をよく知っている、おまえも俺の考えをよく分かってる、だからそんなおまえに策を練ろうとしても浮かんでこねぇんだよ」
→もう二人の褒め合いです!良いですね~

●坂下組ヒャッハー!
若頭以外の組員が全員特攻野郎。ムショ出たばかりのイケイケ!で、色んな人からキチガイ扱いされる坂下さん。三田組と揉めた後、電話で福本に「これからは三谷組とうちとのケンカや!ケンカ!」
→楽しそうで何よりです!

●心理テスト
大宮さんの話キターーー!!
色々な問題を出され、最後の問題…
氷室「おまえは何故生き残れたと思う?」
丈治「親や子分の為…自分を捨てて死を覚悟したからですか…?」
氷室「ちげえよ、運だよ。たまたまだ」→丈治の聞いた後に少し笑うのが好き!

~~~

氷室「そんなもんだ、俺たちの世界は。だから悔いが残らないように一生懸命生きるんだ」
→この言葉この回で一番刺さった!生死と隣合わせの世界とは生存率がケタ違いな一般的?な世界でも、このセリフには意味があると思うのです。

sobakara.hateblo.jp

三谷組の人がセイナン建設に話をつけにいく

三谷組の2人にお茶を出してくれる~!
前にニシカワ社長が話しに行った時には、お茶を出してないのに…と思ったけど、この時初対面だから一応出してくれたのかな?

●フラグ!!

馬場「ちぃと、ヤな予感がするんですわ、かしら…わし福井入りますわ」
→だいたいイヤな予感って的中しますよね!三谷さん、あれだけ腹切られてからの動きがタダでは死なん感がすごい。

【担当地域】
龍征会→京都
川谷組→三谷組と協力で福井
中島組→若宮と相談で東北
三上組→情報収集で神戸
氷室→傘下と念調べ大阪

このセリフ好き!

【氷室】「俺たちは世間のゴミだなんだと言われちゃいるが、俺は必要悪だと思っている」
【田村】「それ綺麗事だよ、俺たちやくざはよお…世間で生きられねぇからやくざやってんだよ」
【田村】「やっぱりおまえは俺らの上をいく人間だ。頭の良いおまえが言ってるんだから間違いねぇよ、きっと」
【福本】「確かに、ここらで花火ぶちまけてやるのも面白いかもしれんな」
【福本】「このカバチタレが。あんなんでも利用価値ある思うて今まで付き合うてきたんじゃろ」
【馬場】「コンプライアンスも知らんのかい、兄弟」
【氷室】「そんなもんだ、俺たちの世界は。だから悔いが残らないように一生懸命生きるんだ」
【坂下】「ケンカは数やない!心意気や!」
【氷室】「原点に立ち返ってみると、案外単純な事だったりもする」

 

 

まとめ

福井でドンパチ発生!侠和会会長が襲撃を受けてその犯人探しの話。
坂下組事務所に田村らが乗り込んでドカーン!とするところ、さらっとしてて良い。あとは5の名場面を振り返る!凄くどうでもいいですが、侠和会の幹部会に出てくる湯呑がかわいい。

日本統一15

『表と裏 第4章』今日からお前は堂前恭一だ

概要・あらすじ

日本が闘争の国家へと変貌する--その一部始終を目撃せよ!!遠藤要大東駿介、豪華キャストによる、政治と極道社会の共闘のドラマ--©2015コンセプトフィルム

(prime video引用)

キャスト・スタッフ

監督 藤原健一
主演 遠藤要, 大東駿介, 大塚千弘

(prime video引用)

ストーリー(読まなくていい

前回までのあらすじ→警察3人、居酒屋でお話→郡司と晴美→久美の占い→竜神会のお話→恭一、当選→恭一・昭次・村沢3人で話→新内閣発足→首刀会と関西のいざこざ→旭川、ホームレス姿で発見→【過去】旭川、養護施設の子供たちを治験実験からの園長死亡→倉中、恭一の父?の元へ訪問→【過去】恭一と茂の関係→倉中、恭一と話した後に刺され死亡→安住、拉致される→恭一、育ての父茂のホームへ→関西フードの銀座支店(他渋谷・上野)が爆破事件→怪しい密会
⇒5へ続く

登場人物

都議会議員:堂前恭一

民衆党
幹事長:石部新太郎
経済産業大臣:鬼嶋修一
衆議院議員:牛尾貴志
内閣総理大臣岩村貫太郎

衆議院議員:桑田啓二

週刊リアル
編集長:安藤克己
編集者:森下瑤子

厚生労働省安全局 局長:田中信孝
マッシブヘルフ社長:旭川隆良
古本屋主人:村沢流源

医者:林田和男
あさがお職員→占い師:西岡久美
天才ハッカー:桜木晴海 
アミターユ教祖:北条天里
看護師:中尾緑
堂前恭一の父:堂前茂

警視庁

捜査一課:安住秀幸
公安部:倉中肇
公安部:早川純也
公安部:浅見優子 

首刀社

?:今野悟

竜神

総長:神山直介(68) →出所

羽田組
若頭補佐/組長:羽田伸明
組員:郡司昭次

殺し屋:秦
殺し屋:黒木

銀老獪

竜神会若頭/会長:天田龍
若頭:木崎洋平

難波連合

若頭:山崎勝利

f:id:t_karara:20191226212456j:plain

ここが好き!

【村沢への疑い】
恭一「鬼嶋と接点があるのは、俺とじいさんだけだから」
昭次「恭一考えすぎだ」
恭一「おまえが言ったんじゃないか!じいさんが怪しいって…」
村沢「冗談が過ぎるぞ、おまえら」
→うーん?ものすごくフラグっぽい。途端にこの方が一番怪しくなるのですが?あと他に裏切者に適した人が思いつかない。

【義父に対して】
恭一「俺は良い息子じゃなかった…あんなに良くしてくれたのにな」と言いながら首絞める。
→泣いているのは、完全に振り切れてない?そうせざるを得ない葛藤や色んな感情がごちゃまぜで人間味あふれている。1話目でマミちゃんが亡くなった時の感情剥き出しで取り乱したり、目的の為に完全には割り切れていない所が恭一の良いところですね!

⇒その後に…
久美が恭一に「強い心を持つべき人間なの」と。久美は全てを見抜いた上での対応なんですよね??

好きなセリフ!

岩村】「何よりも恐ろしいのはマスコミだからな。あのマスコミどもに騒がれたら…」
【郡司】「数を増やし過ぎると管理がしずらくなる」
【村沢】「今日からお前は堂前恭一だ」
【倉中】「あなた……本当に堂前恭一ですか」
【天田】「戦争っていうのは戦い。争う事を言う、でも今度のは争わない」

まとめ

過去のお話。
養護施設あさがおでの何があったか?を更に掘り下げ。そして、恭一と義父の関係。後半戦に向けての敵はこいつらか…と確認する回。

表と裏 第4章

『TWIN GANG ツインギャング』なんたって友達だもんな!

概要・あらすじ

アイドルオタクのフリーター・国吉隼(与座重理久)、少年院帰りのチンピラ・柏木圭太(中村憲刀)、筒見一家浅利組のヤクザ・根占康平(松田一三)は、コンビニに偶然出くわした強盗を取り押さえた。しかし、強盗はチャイニーズマフィアの一員であり、その仲間の刃が3人に襲い掛かる。

(引用:prime video)

キャスト・スタッフ

監督 辻裕之
主演 与座重理久, 中村憲刀

(引用:prime video)

ストーリー(読まなくていい

コンビニ強盗→焼肉屋で食事→柏木、根占の仕事の手伝いすることに→国吉、中国人に追われる→浅利組事務所→占有屋の仕事→根占・国吉・柏木3人でキャバクラへ→根占・柏木、浅利組長の家へ→国吉、イリエとIT系仕事→占有物件に乗り込まれる→浅利組、阪藤組の事務所に話をつけに行く
⇒2へ続く。

登場人物

筒見一家浅利組

組長:浅利
組長のお付き:キシ

若頭:?
?:根占康平
?:リキ
パソコン弄ってる人:イリエ?
?:ケイジロー

少年院帰りチンピラ:柏木圭太
フリーター:国吉隼

四代目阪藤組飛龍会

行動隊長:片岡秀樹

ココが好き!

【エロ】
お気持ち程度のエロ。うーん?無くてもいいのでは?

【浅利組のIT担当の人】
柏木に対して「あああ謝ってもらっても、パソコンはいう事聞いてくれねぇから…」
国吉対して「そっちのあんちゃんはパパパパソコンわかんだげ?」

国吉「イリエさんってやっぱこの中でも割とデスクワークっぽい仕事を担当されてるわけですよね?」
イリエ「ああああIT担当って言ってくれっけ」

なんなんだー!!?この人?!すごくこの人に惹きつけられる。やめてくれ~~笑ってしまう。何なんでしょうか?この人、ギャグパート担当の人なの?最も注目してほしい人。

【講座】
●親子・兄弟、盃について
若頭になる条件:親分から最初に盃もらった。若衆の中で一番喧嘩が強いとか金を持っているとか。
→知っている人も改めて教えてもらえると理解が深まるね!

【ともだち】
柏木「圭太でいいや!そっちは隼でいいだろ、なんたって友達だもんな」
国吉「…友達ねぇ」

好きなセリフ! 

【根占】「ただ刺しただけじゃダメなんだよ、刺した後な、クッと捻らないと。そうすりゃ内臓まで切れっから」
【根占】「俺はまだ子分なんか連れて歩く身分じゃねぇっの」
【和?】「世の中にな、カタギ面して悪いこと考えてる連中ばっかりなんだよ、俺たちのがまともかもな」
【根占】「日本経済ってのはな、俺たちみたいに裏で汚ねぇ仕事する人間が居ねぇと回っていかねぇんだよ」

まとめ

続きがある前提なので、進行はゆったりめ。
随所にあふれるコント??見やすいです。ムショ出たての柏木とフリーターの国吉がひょんな事からヤのつく稼業をお手伝いするという極道感は薄めになっています。後半、襲撃受けてドスで刺したりチャカぶっぱなすけど比較的ライトです!

私はイリエさんが見たくて見てるところがあります。

 

ツインギャング

『表と裏 第3章』俺も…何か違う事ができるのかな

概要・あらすじ

民衆党議員・堂前恭一(遠藤要)は箕輪組々員の郡司昭次(大東駿介)は手を組み日本を変えるために動き出した。そんな矢先、郡司が何者かに刺され姿を消す。一方、堂前は民衆党幹事長・石部の秘書となり、石部と対立する経済産業大臣・鬼嶋(赤井英和)に近づいていく。

(prime video引用)

キャスト・スタッフ

監督 藤原健一
主演 遠藤要, 大東駿介, 大塚千弘

(prime video引用)

ストーリー(読まなくていい

【過去/2年前】→●●殺害/→堂前、週刊リアル編集長とのお話→堂前、久美とお話→居酒屋で公安・一課・記者の3人のお話→竜神会会長、出所→宗教団体(森下の現在)→刺された昭次、目を覚ます→恭一、新宿駅西口で街頭演説→竜神会、お話→旭川、行方不明中で計画が難航→鬼島、更科に例の写真を→恭一、襲撃を受け秦死亡→更科、自殺
⇒4へ続く

登場人物

堂前恭一(民衆党議員)

民衆党
幹事長:石部新太郎
経済産業大臣:鬼嶋修一
厚生労働大臣:更科浩一
衆議院議員:牛尾貴志

週刊リアル
編集長:安藤克己
編集者:森下瑤子

厚生労働省安全局 局長:田中信孝
マッシブヘルフ社長:旭川隆良
古本屋主人:村沢流源

医者:林田和男
児童養護施設あさがお職員:西岡久美
天才ハッカー:桜木晴海 
アミターユ教祖:北条天里

警視庁

捜査一課:安住秀幸
公安部:倉中肇
公安部:早川純也
公安部:浅見優子 

首刀社

?:今野悟

竜神

総長:神山直介(68) →出所

羽田組
若頭補佐/組長:羽田伸明
組員:郡司昭次

殺し屋:秦
殺し屋:黒木

銀老獪

竜神会若頭/会長:天田龍
若頭:木崎洋平

f:id:t_karara:20191220173743j:plain

ここが好き!

【マッシブヘルフ:クリスタル+V】
厚労省認可薬。常用性が高く、多く服用すると自殺する。高額な為、一部の富裕層に人気。所謂、政府公認の合法ドラックで、物語のキーアイテムみたないものです。

【会長は何を食べてるのかな?】
出所して車中で、羽田の肩をトントンして次のチョコ?を催促する会長が良いです。

【養護施設あさがお】
村沢「官僚や政治家、やくざに宗教団体、その施設はそういう奴等にビジネスとして使われていたんだ」
→お薬の治験させられたり…した子供たちがNWOメンバーです。

【フラグ】
秦「俺も…何か違う事ができるのかな」
恭一「できるようになる、きっと」
→この時点で、イヤな予感がしたんですよ。ああああーーッ!!もっと彼の事を深堀して欲しかった。

【鬼島】
更科大臣を切り捨てる鬼っぷりが良いですね!
週刊リアルの森下さんをお茶出しに使うところとか!登場時から恭一の事を自分の息子だと分かっていて…な行動な気がするけど、どうなんでしょう?(答え合わせは、のちの章で)これから更に残虐非道な一面が見られると思うので、楽しみです。

 

好きなセリフ!

【鬼島】「努力をしない人間はここには要りません!」
【恭一】「奴を倒さなきゃ先へは進めない…」
【林田】「人の命を金としか思っていない世界だ、嫌気もさす」
【秦】「俺も…何か違う事ができるのかな」
【恭一】「できるようになる、きっと」
【鬼島】「あなた自殺してください。それが一番良いんです。あなたの家族にとっても、政界にとっても」
【昭次】「そう熱くなるなよ、クールにいこうぜ」

まとめ

ほとんど表の話。

後半に刺したり撃ったりするけど、大半がまったり~政治的なお話。「裏切者がいる!!?」で続くので、やっとぞわぞわする展開になるではと期待!宗教団体やら、育った養護施設でビジネスしていた大人たちがヤバイ人多数で、これからそういう人たちをどう倒していくのか?が気になるところです。

 

表と裏 第3章

『裏社会の男たち 最終章』おまえという男を残して逝けることを誇りに思ってる

概要・あらすじ

死闘-生き残るのは誰だ!?裏切りや悲しみの先に待つ衝撃の結末!!裏社会に生きる男たちの生き様がここに刻まれる!!いよいよ、WRCの役員会議で会長選任を行うこととなった。理事長の梅原(小沢仁志)が候補確実と思われたのだが、副会長の今野(野口雅弘)が会長候補に名乗り出た。逮捕された理事長の田村(菅田俊)は佐野(深水三章)よって釈放され、梅原暗殺へと向かう。その頃、自宅で妻・涼子(遠藤沙季)といた多田野(波岡一喜)にも魔の手が迫っていた。理事長の座を掴むのは誰なのか!?梅原と多田野の関係は!?ついに物語はクライマックスを迎える!!©2016コンセプトフィルム

(prime video引用)

キャスト・スタッフ

監督 OZAWA
主演 小沢仁志, 波岡一喜, 菅田俊

(prime video引用)

ストーリー(読まなくていい

公安0課、解散・浜田、佐野は停職謹慎→佐野の車、爆発で浜田死亡→W.R.C役員会議→田村、釈放→CIAに動き→佐野の協力者、田村により死亡→梅原陣営vs田村陣営の抗争→多田野の家にも襲撃(多田野妻、流産)→梅原vs田村で田村死亡→梅原、病院に搬送されるも危機→多田野、梅原と最後の会話→W.R.C会長決めの日→今野、多田野を始末しようとするが…
⇒おしまい。

登場人物

総合商社W・R・C

(巨大組織として形を変えたヤクザ)
相談役:佐久間
副会長:今野
理事長:田村(中国担当)
理事長:梅原(キャンディ・マン/韓国担当)
梅原の側近:韓
会長秘書:多田野

警察/公安0課

警視正:田島
警部補:佐野(速水の父)
警部:浜田
フリーライター:速水

内閣府/危機管理対策室

長官:滝
捜査官:小野

黒龍

幹部:楊

f:id:t_karara:20191219114313j:plain

ココ好き

【佐野】
「すまん、忘れもんだ」で車に乗らなかった佐野。代わりに送っていくと言った浜田。
→佐野の車、爆発!!
「おまえに頼みがある、俺を信用できるか」
→警察の協力者も、梅原尾行中に殺される。

周りの仲間が死んでいく。周りの死人が増えれば増えるほど、後戻りはできず前に進み続けてる。やっていることがいつ殺されてもおかしくない。自分ではなく、周りからやられていくのも精神がどうにかなりそう。

【梅原と多田野】
二人の間に流れる哀しい曲。

瀕死状態の梅原「俺の為なんだろ…ごめんな…俺の為におまえの手を汚させちまった」多田野「おれこそ謝らなきゃいけないことが…」
梅原「いいか、ここから先おまえがやらなきゃいけないことが一つだ。いまやらなきゃ、あとで必ずやられることになる」
===
梅原「おまえは俺のたった一人の肉親なんだぞ。だから生き抜けよ、何があっても。生きていく道を選ぶんだぞ」
→5の倉庫シーンの後に、最終章の病室とお手紙シーンは泣きます。梅原さんは色々あっても、死なないと思っていたので衝撃でした。この梅原さんの死が無ければ、多田野さんのあの展開は無かったわけで。肚が座った様は5とは別人。

【多田野の妻:涼子】
多田野の妻が、佐野と繋がる裏切者であると知った時に無慈悲に切り捨てるとこ割と好き(実際は韓が殺害)。梅原の金庫を見ない限りは、知る機会は無かったのかな?

※速水は知っていても教えなかった優しさ

【地下駐車場で抗争!】
わ~~大乱闘だ~~目が追っつかない!打撲音と刺殺音のオンパレード。尺長めの殴る蹴るでたのしーい!
田村「おめえも俺も極道だ、わかるだろ」
梅原「俺たちはNPO法人だ」からのタイマン!!そして駐車場は死屍累々。

【怒涛のラスト】
●韓「俺はここまでです、これでヒョンが潜入捜査官だと知る奴が居なくなりました」「俺で最後です」
→ちょっと不意打ち過ぎたッーー!!そもそも彼は梅原の側近ですからね。

●危機管理対策室と繋がっている人
→今まで明かされていた潜入系の人全てが、居なくなったと思われた最後の最後に「おまえもか!」のツッコミを入れたくなる。

好きなセリフ!

【田島】「法を守る為に法を犯したとでも言う気?」
【浜田】「処分がどうなるか分からんが、俺たちは決して負けてなんかいない、それだけは胸を張れ」
【梅原】「噂は噂。そんなもんに振り回されない方が良いですよ」
【佐野】「窓際に居たおまえを会長のイスに引き上げてやったのは誰だ、その気になりゃあおまえなんか今すぐにでも豚箱に放り込むことができんだぞ」
【梅原(手紙】「おまえという男を残して逝けることを誇りに思ってる」
【今野】「目的達成の為なら、相手が誰だろうと関係ないんだからな…それがあいつのやり方だ」
【滝】「本当の闘いはこれからだ」

まとめ

最後の最後まで、畳みかけてくる展開がすごい!!

見終わった瞬間の感想「本当に見てよかった…!もっと早く見るべきだった」矛盾してるけど、死んでほしくないけど死んでほしいという展開が最高なのと、ラストへの流れが良いですね!!
5と最終章を対比させて観るとより楽しめ、更に1から梅原・多田だけを注視するとものすごく楽しめます!

感情移入して観ると、すごく人間不信になりそうなのでそれはそれで楽しい楽しみ方の一つです。

 

裏社会の男たち 最終章

『裏社会の男たち 第五章』ドラム缶の中身何だと思う?

概要・あらすじ

最愛のジヒョン(大塚莉奈)が殺され、悲しみを隠しながら裏切り者を探す梅原(小沢仁志)。秘密捜査官として潜入捜査をしている多田野(波岡一喜)は上司である佐野(深水三章)から警察のデータベースにある自分の記録が消えてしまったことを知らされる。一方、梅原は中国マフィアとの取引現場で佐野によって、逮捕される。梅原が中国マフィアと取引していた物・・・。それをきっかけにすべての人物の運命の歯車が狂い始める。©2016コンセプトフィルム

(prime video引用)

キャスト・スタッフ

監督 OZAWA
主演 小沢仁志, 波岡一喜, 菅田俊

(prime video引用)

ストーリー(読まなくていい

あらすじ→梅原、帰国後→楊と取引することを、多田野に意図的に伝える→多田野、佐野へ伝える→取引からの逮捕→『佐野と周李が話していた』DVDが押収され再生→速水、足を刺され拉致→梅原一派、警察から解放→多田野、梅原に呼び出される→速水と田村の側近、死亡→公安0課解体→佐久間と田村のお話途中、田村逮捕
⇒最終章へ続く  

登場人物

総合商社W・R・C

(巨大組織として形を変えたヤクザ)
相談役:佐久間
副会長:今野
理事長:田村(中国担当)
理事長:梅原(キャンディ・マン/韓国担当)
梅原の側近:韓
会長秘書:多田野

警察/公安0課

警視正:田島
警部補:佐野(速水の父)
警部:浜田
フリーライター:速水

内閣府/危機管理対策室

長官:滝

黒龍

幹部:楊

f:id:t_karara:20191217135604j:plain

ココ好き

【交渉の意味】
梅原「初めは敵同士。こっちの欲しい物を持つ敵の力を見定め、そのリスクを計算して境界線を引きながらも、相手の境界線を打ち破ろうとしている。官能的なバトルだ。暴力とセックスが刃の上で均衡を保つバランスなんだよ」
→ここの部分すごい好き!!かっこいい。ここからずっと、梅原さんのターンはじまります!仕方ないよね、時計の針が動き出してしまったのだから。

【多田野】
梅原「信じられるか?こいつみたいに外部じゃなくて、俺たちの身内の中に居るんだぞ」
→静かな声でじわじわ言って、試している言い方。ぞくぞくしますね!全部分かっているのに、あえて自分からは一切出さずに相手のボロ待ち?それに対してどう行動するのか?を見ている。そして、それを黙ってみてる部下の方々の表情もかなり好き!
多田野さん…追い詰められているのに、首の皮一枚で繋がってる状態が、もう精神がどうにかなりそうッ!!

【速水】
ジャーナリストで潜入捜査官。佐野の娘。

多田野と速水が二人で話している(梅原逮捕寸前)や前の章とかのやりとりを思い出しては、涙が出る。
佐野の留守電に、業務的な報告の後「身体を労わって、たばこをやめて下さいね。お父さん」でめっちゃ涙出た。
ドラム缶を海に投げ捨てるところも曲の相乗ですごく哀しい。今まで一緒にやってきた(似た境遇)人が死んでしまうのが、哀しいけどすごく好き!!

【肝臓の話】
第3章で話していた肝臓の話キター!!

好きなセリフ!

【速水】「私情と任務。その違いを区別できる人が必ずしも正しいとは限らない」
【梅原】「世に出たものは必ず消え去るのが定め。それがいつなのか、その人間の行い次第…これは立花会長の口癖だ」
【梅原】「ドラム缶の中身何だと思う?」
【梅原】「楽に殺すなよ、生きてる事を後悔するくらい…じわじわとな」
【佐野】「これはもう戦争なんだよ、やるかやられるかだ」
【田村】「俺はこの毒を皿まで喰らうつもりだ」

まとめ

第5章!!すごい好きなやつ!!!!!

結末に向かう流れが一番好きだ!3・4章で「起承転結」の「承」で焦らされた?かいがあります。一番好きな回です!

・梅原さんが怖かっこいい!
・多田野、速水、佐野の心情

とにかく第5章はこの2つ!!怖いし、しんみりするし感情が忙しくなるけど、好きだなー!倉庫シーン!

 

裏社会の男たち 第五章

『極道の紋章』登場人物・役職一覧

※1~20完結編のみです。外伝は除く
分かりやすさ優先で、漢数字ではなく数字で記載。
途中記載なしだが、おそらく役職の変動はない。

※ネタバレしかないです。
「私はここが好き!」が前提です。

2017年08月12日に同人誌を作りまして、その内容を加筆修正したweb再録となります。以前、本をお手にとって下さった方々ありがとうございました!

f:id:t_karara:20181011122100j:plain

 

f:id:t_karara:20191217221009j:plain

第〇章別

第1章

川谷組

組長:川谷 才蔵

津浪組
若頭/組長:津浪 裕史
若頭:前崎 徹雄

堂本組
若頭補佐/組長:堂本 伍朗

杉岡組
若頭補佐/組長:杉岡 栄

芝村組
若頭補佐/組長:芝村 幸吉

忠道会

清水組
本部長/組長:清水 武雄

加賀美組
副本部長/組長:加賀美 信吾

第2章

川谷組

組長:川谷 才蔵

津浪組
若頭/組長:津浪 裕史
若頭:前崎 徹雄

堂本組
若頭補佐/組長:堂本 伍朗

杉岡組
若頭補佐/組長:杉岡 栄

その他

辰巳一家若頭補佐/鹿野組組長:鹿野 博文
絢国烈士会会長:玉本 軍平

第3章

川谷組

組長:川谷 才蔵
若中:前崎 徹雄

川谷組系 片山組組員:滝口 考太

津浪組
若頭/組長:津浪 裕史

堂本組
若頭補佐/組長:堂本 伍朗

杉岡組
若頭補佐/組長:杉岡 栄

芝村組
若頭補佐/組長:芝村 幸吉

清水組
若中/組長:清水 武雄

加賀美組
若中/組長:加賀美 信吾

第4章

川谷組

組長:川谷 才蔵
若中:前崎 徹雄

津浪組
若頭/組長:津浪 裕史

堂本組
若頭補佐/組長:堂本 伍朗

杉岡組
若頭補佐/組長:杉岡 栄

芝村組
若頭補佐/組長:芝村 幸吉

清水組
若中/組長:清水 武雄

加賀美組
若中/組長:加賀美 信吾

第5章

川谷組

組長:川谷 才蔵

津浪組
若頭/組長:津浪 裕史
組員:安達 慎吾

前崎組
若頭補佐:前崎 徹雄

堂本組
若頭補佐/組長:堂本 伍朗

杉岡組
若頭補佐/組長:杉岡 栄

芝村組
若頭補佐/組長:芝村 幸吉

清水組
若頭補佐/組長:清水 武雄

加賀美組
若中/組長:加賀美 信吾

沖田連合

間組
本部長/組長:風間 将兵

阿久津組
副本部長/組長:阿久津 孝道

第6章

川谷組

組長:川谷 才蔵

津浪組
若頭/組長:津浪 裕史
組員:安達 慎吾

前崎組
若頭補佐:前崎 徹雄
組員:島谷 英輔

堂本組
若頭補佐/組長:堂本 伍朗

杉岡組
若頭補佐/組長:杉岡 栄

芝村組
若頭補佐/組長:芝村 幸吉

清水組
若頭補佐/組長:清水 武雄

加賀美組
若中/組長:加賀美 信吾

沖田連合

間組
本部長/組長:風間 将兵

阿久津組
副本部長/組長:阿久津 孝道

第7章

川谷組

組長:川谷 才蔵

津浪組
若頭/組長:津浪 裕史
若頭:安達 慎吾

堂本組
若頭補佐/組長:堂本 伍朗

杉岡組
若頭補佐/組長:杉岡 栄

芝村組
若頭補佐/組長:芝村 幸吉

清水組
若頭補佐/組長:清水 武雄

加賀美組
若中/組長:加賀美 信吾

沖田連合

間組
本部長/組長:風間 将兵

阿久津組
副本部長/組長:阿久津 孝道

その他

破門→板前見習い:前崎 徹雄

第8章

川谷組

組長:川谷 才蔵

津浪組
若頭/組長:津浪 裕史
組員:安達 慎吾

堂本組
若頭補佐/組長:堂本 伍朗

杉岡組
若頭補佐/組長:杉岡 栄

芝村組
若頭補佐/組長:芝村 幸吉

清水組
若頭補佐/組長:清水 武雄

前崎組
若中/組長:前崎 徹雄
若頭:島谷 英輔
組員:滝口 考太
組員:岡島 典史

加賀美組
若中/組長:加賀美 信吾

沖田連合

間組
本部長/組長:風間 将兵

阿久津組
副本部長/組長:阿久津 孝道

第9章

川谷組

組長:川谷 才蔵

津浪組
若頭/組長:津浪 裕史
若頭:安達 慎吾

堂本組
若頭補佐/組長:堂本 伍朗

杉岡組
若頭補佐/組長:杉岡 栄

芝村組
若頭補佐/組長:芝村 幸吉

清水組
若頭補佐/組長:清水 武雄

前崎組
若頭補佐/組長:前崎 徹雄
組員:滝口 考太
組員:岡島 典史

沖田連合

間組
本部長/組長:風間 将兵

阿久津組
副本部長/組長:阿久津 孝道

関東睦会

辰巳一家総長:鹿野 博文

第10章

川谷組

組長:川谷 才蔵(引退)
組長:堂本 伍朗

津浪組
若頭/組長:津浪 裕史
若頭:安達 慎吾

杉岡組
若頭補佐/組長:杉岡 栄

芝村組
若頭補佐/組長:芝村 幸吉
組員:長塚 義弘

清水組
若頭補佐/組長:清水 武雄

前崎組
若頭補佐/組長:前崎 徹雄
若頭:島谷 英輔
組員:滝口 考太
組員:岡島 典史

沖田連合

間組
本部長/組長:風間 将兵

阿久津組
副本部長/組長:阿久津 孝道

第11章

川谷組

組長:堂本 伍朗

津浪組
若頭/組長:津浪 裕史
組員:安達 慎吾

杉岡組
若頭補佐/組長:杉岡 栄

芝村組
若頭補佐/組長:芝村 幸吉
組員:長塚 義弘

清水組
若頭補佐/組長:清水 武雄

前崎組
若頭補佐/組長:前崎 徹雄
若頭:島谷 英輔
組員:滝口 考太
組員:岡島 典史

堂本組
若頭補佐/組長:真鍋 忠文

辰巳一家
幹部/総長:鹿野 博文

沖田連合

間組
本部長/組長:風間 将兵

関東睦会

弘和会
会長/総裁:権藤 伊佐夫
幹事長/会長:桐生 健介

第12章

川谷組

組長:(不在)

津浪組
若頭/組長:津浪 裕史

杉岡組
若頭補佐/組長:杉岡 栄

芝村組
若頭補佐/組長:芝村 幸吉
組員:長塚 義弘

清水組
若頭補佐/組長:清水 武雄

前崎組
若頭補佐/組長:前崎 徹雄
若頭:島谷 英輔
組員:滝口 考太

真鍋組
若頭補佐/組長:真鍋 忠文

沖田連合

間組
本部長/組長:風間 将兵

関東睦会

弘和会
会長/総裁:権藤 伊佐夫
幹事長/会長:桐生 健介

源誠会

源誠会
会長:源田 誠司

第13章

川谷組

組長:前崎 徹雄

津浪組
若頭/組長:津浪 裕史
組員:安達 慎吾

芝村組
若頭補佐/組長:芝村 幸吉
組員:長塚 義弘

清水組
若頭補佐/組長:清水 武雄

前崎組
若頭補佐/組長:島谷 英輔
若頭:滝口 考太

堂本組
舎弟/組長:真鍋 忠文

杉岡組
舎弟/組長:杉岡 栄

源誠会
会長:源田 誠司

沖田連合

間組
本部長/組長:風間 将兵

阿久津組
副本部長/組長:阿久津 孝道

黒崎組
理事長/組長:黒崎 竜也

関東睦会

弘和会
会長/総裁:権藤 伊佐夫
幹事長/会長:桐生 健介

第14章

川谷組

組長:前崎 徹雄

津浪組
若頭/組長:津浪 裕史
若頭:源田 誠司
組員:安達 慎吾

芝村組
若頭補佐/組長:芝村 幸吉
組員:長塚 義弘

清水組
若頭補佐/組長:清水 武雄

堂本組
舎弟/組長:真鍋 忠文

杉岡組
舎弟/組長:杉岡 栄

沖田連合

総長:風間 将兵

黒崎組
本部長/組長:黒崎 竜也

阿久津組
副本部長/組長:阿久津 孝道

関東睦会

弘和会
会長/総裁:権藤 伊佐夫
幹事長/会長:桐生 健介

第15章

川谷組

組長:前崎 徹雄

津浪組
若頭/組長:津浪 裕史
組員:安達 慎吾

芝村組
若頭補佐/組長:芝村 幸吉

清水組
若頭補佐/組長:清水 武雄

前崎組
若頭補佐/組長:島谷 英輔
若頭:滝口 考太

堂本組
舎弟/組長:真鍋 忠文

杉岡組
舎弟/組長:杉岡 栄

沖田連合

総長:風間 将兵

黒崎組
本部長/組長:黒崎 竜也

関東睦会

弘和会
幹事長/会長:桐生 健介

第16章

川谷組

組長:前崎 徹雄

津浪組
若頭/組長:津浪 裕史
若頭:源田 誠司

芝村組
若頭補佐/組長:芝村 幸吉

清水組
若頭補佐/組長:清水 武雄

前崎組
若頭補佐/組長:島谷 英輔
若頭:滝口 考太

真鍋組
舎弟/組長:真鍋 忠文

杉岡組
舎弟/組長:杉岡 栄

沖田連合

会長:風間 将兵

黒崎組
理事長/組長:黒崎 竜也

関東睦会

殉国烈士会
副会長/会長:玉本 軍平

弘和会
幹事長/会長:桐生 健介

速水組
幹部/組長:速水 俊充

第17章

関西侠友会

会長:前崎 徹雄
総裁:風間 将兵
幹事長/沖田連合総長:黒崎 竜也

川谷組系

川谷組
理事長補佐/組長:芝村 幸吉
若中/長塚組組長:長塚 義弘

津浪組
理事長/組長:津浪 裕史
若頭:源田 誠司

杉岡組
理事長補佐/組長:杉岡 栄

清水組
理事長補佐/組長:清水 武雄

前崎組
組長:島谷 英輔
若頭:滝口 考太

真鍋組
川谷組若頭補佐/組長:真鍋 忠文

関東睦会

殉国烈士会
会長代行/会長:玉本 軍平

弘和会
幹事長/会長:桐生 健介

速水組
幹部/組長:速水 俊充

第18章

関西侠友会

会長:前崎 徹雄
総裁:風間 将兵
幹事長/沖田連合総長:黒崎 竜也

川谷組系

津浪組
理事長/組長:津浪 裕史
若頭:源田 誠司
組員:安達 慎吾

杉岡組
理事長補佐/組長:杉岡 栄

前崎組
組長:島谷 英輔
若頭:滝口 考太

辰巳一家
総長:鹿野 博文

関東睦会

殉国烈士会
会長代行/会長:玉本 軍平

弘和会
幹事長/会長:桐生 健介

速水組
幹部/組長:速水 俊充

第19章

関西侠友会

会長:前崎 徹雄
総裁:風間 将兵

川谷組系

川谷組
会長代行/堂本組組長:真鍋 忠文
若中/長塚組組長:長塚 義弘

津浪組
理事長/組長:津浪 裕史
若頭:源田 誠司
組員:安達 慎吾

杉岡組
理事長補佐/組長:杉岡 栄

前崎組
組長代行:滝口 考太

関東睦会

殉国烈士会
会長代行/会長:玉本 軍平

弘和会
幹事長/会長:桐生 健介

速水組
理事長/組長:速水 俊充

完結編

関西侠友会

会長:前崎 徹雄
総裁:風間 将兵

川谷組系

川谷組
会長代行/堂本組組長:真鍋 忠文
若中/長塚組組長:長塚 義弘

津浪組
理事長/組長:津浪 裕史
若頭:源田 誠司
組員:安達 慎吾

杉岡組
理事長補佐/組長:杉岡 栄

前崎組
組長代行:滝口 考太

杉岡組
理事長補佐/組長:杉岡 栄

関東睦会

会長:桐生 健介
相談役:玉本 軍平
理事長/:速水 俊充

人物別

前崎 徹雄

1~2:川谷組系 津浪組若頭
3~4:川谷組若中
5~6:川谷組若頭補佐/前崎組組長
7:(破門→板前見習い)
8:川谷組若中/前崎組組長
9~12:川谷組若頭補佐/前崎組組長
13~16:川谷組組長
17~完:関西侠友会会長

津浪 裕史

1~16:川谷組若頭/津浪組組長
17~完:関西侠友会理事長/川谷組系 津浪組組長

堂本 伍朗

1~9:川谷組若頭補佐/堂本組組長
10~11:川谷組組長

杉岡 栄

1~12:川谷組若頭補佐/杉岡組組長
13~16:川谷組舎弟/杉岡組組長
17~完:関西侠友会理事長補佐/川谷組系 杉岡組組長

芝村 幸吉

1~16:川谷組若頭補佐/芝村組組長
17~19:関西侠友会理事長補佐/川谷組組長

清水 武雄

1:忠道会本部長/清水組組長
3~4:川谷組若中/清水組組長
5~16:川谷組若頭補佐/清水組組長
17:関西侠友会理事長補佐/川谷組系清水組組長

加賀美 信吾

1:忠道会副本部長/加賀美組組長
3~8:川谷組若中/加賀美組組長

真鍋 忠文

11:川谷組若頭補佐/堂本組組長
12:川谷組若頭補佐/真鍋組組長
13~15:川谷組舎弟/堂本組組長
16:川谷組舎弟/真鍋組組長
17:関西侠友会 川谷組若頭補佐/真鍋組組長
19~完:関西侠友会 川谷組会長代行/堂本組組長

源田 誠司

12:源誠会会長
13:川谷組系 源誠会会長
14:川谷組系 津浪組若頭
16:川谷組系 津浪組若頭
17~18:関西侠友会川谷組系津浪組若頭

滝口 考太

3:川谷組系 片山組組員
8~12:川谷組系 前崎組組員
13:川谷組系 前崎組若頭
15~18:川谷組系 前崎組若頭
19~完:関西侠友会 川谷組系前崎組組長代行

島谷 英輔

6:川谷組系 前崎組組員
8:川谷組系 前崎組若頭
10~12:川谷組系 前崎組若頭
13:川谷組若頭補佐/前崎組組長
15~16:川谷組若頭補佐/前崎組組長
17~18:関西侠友会 川谷組系前崎組組長

岡崎 典史

8~11:川谷組系 前崎組組員

安達 慎吾

5~6:川谷組系 津浪組組員
7:川谷組系 津浪組若頭
8:川谷組系 津浪組組員
9~10:川谷組系 津浪組若頭
11:川谷組系 津浪組組員
13~15:川谷組系 津浪組組員
18~完:関西侠友会 川谷組系 津浪組組員

長塚 義弘

10~14:川谷組系 芝村組組員
17:関西侠友会 川谷組若中/長塚組組長
19~完:関西侠友会 川谷組若中/長塚組組長

川谷 才蔵

1~10:川谷組組長

風間 将兵

5~13:沖田連合本部長/風間組組長
14~15:沖田連合総長
16:沖田連合会長
17~完:関西侠友会総裁

阿久津 孝道

5~10:沖田連合副本部長/阿久津組組長
13~14:沖田連合副本部長/阿久津組組長

黒崎 竜也

13:沖田連合理事長/黒崎組組長
14~15:沖田連合本部長/黒崎組組長
16:沖田連合理事長/黒崎組組長
17~18:関西侠友会幹事長/沖田連合総長

鹿野 博文

9:関東睦会系 辰巳一家総長
11:川谷組幹部/辰巳一家総長
18:関西侠友会川谷組系 辰巳一家総長

権藤 伊佐夫

11~14:関東睦会会長/弘和会総裁

桐生 健介

11~19:関東睦会幹事長/弘和会会長
完:関東睦会会長

速水 俊充

16~18:関東睦会幹部/速水組組長
19:関東睦会理事/速水組組長
完:関東睦会幹事長

玉本 軍平

16:関東睦会副会長/殉国烈士会会長
17~19:関東睦会会長代行/殉国烈士会会長
完:関東睦会相談役

組長・若頭遍歴

川谷組組長

1~9:川谷 才蔵
10・11:堂本 伍朗
12:(※空白)
13~16:前崎 徹雄
17・18:芝村 幸吉
19・完:真鍋 忠文(代行)

川谷組系 前崎組組長

1~7:(※存在していない)
8~12:前崎 徹雄
13~18:島谷 英輔
19・完:滝口 考太(代行)

川谷組系 前崎組若頭

1~7:(※存在していない)
8~12:島谷 英輔
13~18:滝口 考太
19・完:(※不明)

川谷組系津浪組若頭

1~6:(不明)
7~13:安達 慎吾
14~18:源田 誠司
19・完:(※不明)

 

sobakara.hateblo.jp

極道の紋章 完結編

『裏社会の男たち 第四章』俺の望みは共倒れだ

概要・あらすじ

ヤクザ社会が統一し巨大コンツェルンとして発足したW.R.C。理事長の梅原(小沢仁志)は、韓国に渡り裏組織の挑戦南北統一を果たすと共にW.R.Cの裏切り者の情報を得る。そんな中、同じく理事長の田村(菅田俊)は公安0課・佐野(深水三章)に接触し、梅原の情報を売り失脚を画策。同じ頃、亡き会長の事故を怪しむ秘書・多田野(波岡一喜)は、優子(佐々木心音)を問い詰めるのだった・・・。©2016コンセプトフィルム

(prime video引用)

キャスト・スタッフ

監督 OZAWA
主演 小沢仁志, 波岡一喜, 菅田俊

(prime video引用)

ストーリー(読まなくていい

4のあらすじ→梅原・韓の2人、韓国入り→韓、韓国の4人の幹部たちとお食事→梅原、潜入し殺害(北と組む予定だった頭目らを殺害)→梅原は佐野と接触→韓国の港で北の組織と契約成立(裏社会の南北統一)→多田野、梅原とお話→梅原、南北統一の件でCIAから注意勧告→次期会長の件でざわざわ→梅原、佐野と取引→裏切者情報
⇒5へ続く  

登場人物

総合商社W・R・C

(巨大組織として形を変えたヤクザ)
相談役:佐久間
副会長:今野
理事長:田村(中国担当)
理事長:梅原(キャンディ・マン/韓国担当)
梅原の側近:韓
会長秘書:多田野

警察/公安0課

警視正:田島
警部補:佐野(速水の父)
警部:浜田
フリーライター:速水

黒龍

幹部:楊

f:id:t_karara:20191215192106j:plain

ココ好き

【どんぱち】
対韓国組織は、さらーっとやっていく。今回は激しい銃撃戦が無いです。

【スパイがいっぱい!】
疑心暗鬼になるレベルで複雑!!
誰が誰をどういう意図があって監視しているか…一発でスッと頭に入ってこず、表と裏の関係が把握できませんでした(私の残念な脳では)。ちゃんと把握したいので、また日を改めてちゃんと確認します。

好きなセリフ!

 【多田野】「俺を信用してないのか、それとも俺はただの捨て駒なのか!」
【多田野】「やくざは俺を信用するのに、警察は俺を疑うか!」
【佐野】「警察にモグラを送り込んでいるっていうのか」
【佐野】「俺の望みは共倒れだ」
【梅原】「これからはお前たちの時代だ、争わず、共存して、繁栄しろ」
【田村】「血の繋がりがねぇのに、義理か杯か。そんなものに縛られて何がおもしろいんだ」
【佐野】「俺の残りの時間はおまえらに賭けてる、人の命を握ろうだなんて神にでもなったつもりか」

まとめ

佐野さん回!

と、言っても過言は無いでしょう。残りわずかな彼に何かあるんだろうな!というフラグたちまくり。今回は激しいシーンが無いので、いつにもましてまったりな感覚。
ラスト15分くらいから続き気になる~~!!状態です。最後についに多田野さんが裏切者であることが…梅原さんに!!?

 

裏社会の男たち 第四章

『裏社会の男たち 第三章』命がけなのは君だけじゃない

概要・あらすじ

ヤクザ社会が統一し巨大コンツェルンとして発足したW.R.C。内部にスパイがいると踏んだ理事長の梅原(小沢仁志)は、裏切り者を炙りだすために動き出す。そんな中、同じく理事長の田村(菅田俊)ははチャイニーズマフィアに接触し、W.R.Cのトップに上り詰めることを画策。

(prime video引用)

キャスト・スタッフ

監督 OZAWA
主演 小沢仁志, 波岡一喜, 菅田俊

(prime video引用)

ストーリー(読まなくていい

あらすじ→梅原と多田野の過去→梅原、田村と話をする→梅原派、飲んでいるところ中国マフィアから襲撃受ける→梅原、ジュヒョンを人質を山中に製薬工場に呼び出される(ICチップが目的)→病院へ→組織が梅原派か田村派で内部別れる→山中、ICチップを持って周の元へ行くが刺され死亡→周李、ダミーチップを掴まされ爆発→諸事情あって韓国へ…組織内に内通者がいる!!
⇒4へ続く  

※BDL(ボーダレス): 依存性が無く価格が覚せい剤より安い。検査しても反応がでない。中国組織が欲しがっているお薬です。

登場人物

総合商社W・R・C

(巨大組織として形を変えたヤクザ)
相談役:佐久間
副会長:今野
理事長:田村(中国担当)
理事長:梅原(キャンディ・マン/韓国担当)
梅原の側近:韓
会長秘書:多田野
製薬会社社長:山中

警察/公安0課

警視正:田島
警部補:佐野(速水の父)
警部:浜田
フリーライター:速水

中国黒社会

幹部:周季→(死亡

黒龍

幹部:楊

ココ好き

【肝臓移植の話】
肝臓は一つ。二人の残り時間も一緒。そこで二人は互いの銃に一発ずつ弾を込め突きつけ合った…相討ちで二人とも死んだ。
→この部分は、のちの伏線なのかな?ただのたとえ話だったのか?

【どんぱっち!】
開始30分位までお話中心で静かで淡々です。
?「アッー‼お客様困ります~~!!お店の中が蜂の巣に~~!!」巻き込まれた一般人は迷惑どころではない。でも、うるさいくらいにガンガン撃ち合ってるの楽しい~!最高ですー!!\もっとやっちゃってくださいー!/

好きなセリフ!

 【佐野】「いくら正当防衛だからってな、銃を撃ちまくっていいって法律はこの国にはねぇんだ」
【山中】「動脈を軽く切ってある!すぐには死なんが長くは持たんぞ」
【梅原】「俺は今まで多くの人を殺してきた、苦しみなんて感情はもう消えちまった」
【梅原】「人を平気で殺せるのは、殺し屋か元殺し屋だけだ」
【浜田】「命がけなのは君だけじゃない」
【浜田】「実の兄弟同然に育った人間を助けるためには、その人間を裏切らなければならないだろう」

まとめ

店内の撃ち合いが楽しい!!話の流れはゆるやか(個人的な体感)。

この回は、
①梅原vs田村
②警察と内通している多田野 
が、これから先どうなるのかな?!?!!、きっとこれは伏線であろう?みたいな後の展開を想像しながら見る時間が多かった。まだ起承転結の「起承」の部分?
相変わらずパリン!パリーン!する演出がかっこいい!

裏社会の男たち 第三章

『傷だらけの侠達 完結編』二度とこの世界に戻らねぇ

概要・あらすじ

兄・弘一(小沢仁志)がヤクザを引退し、弟・隆二(本宮泰風)が収監されている間に、身を置いていた宮市組は解散。行き場を失くした隆二に声をかけたのは、山賀組の武闘派組織を率いる組長だった。山賀組の東京進出のため、体を張る隆二。しかし、相変わらず突っ込んでいくだけで、うまくいかずに落ちていく。見ていられない弘一。隆二を盛り立てるためだけに、再び修羅の道に立つことを決めたのだった。---最強兄弟ヤクザ伝説完結編!!(C)2012 コンセプトフィルム

(引用:prime video)

キャスト・スタッフ

監督 城島想一
主演 小沢仁志, 本宮泰風, HIDE

(引用:prime video)

ストーリー(読まなくていい

隆二、収監中→宮市組解散、組長引退で隆二の戻る場所が無くなる→平成元年3月、正和会解散→隆二、タダ組入りで東京進出→一方、金融屋の社長お金持ち逃げ→隆二、取り調べで入院→弘一、隆二の補佐となる→色々あって、岡中総業の看板を持つ→墨田連合と揉め、弘一この世界から足を洗う→タダ工業、解散で隆二もまたこれからどこかへ
⇒おしまい。

登場人物

岡中総業

総長:岡中隆二(弟
相談役:岡中弘一(兄
組員:?
組員:?
組員:?
組員:?
組員:?

タダ工業(大阪

組長:タダ
若頭?組員?:マエカワ

 

f:id:t_karara:20191213172755j:plain

ココが好き! 

【平成元年 1989年】
舞台は変わって、東京・歌舞伎町。
携帯電話、登場。

兄(弘一)弟(隆二)
●病院で
弘一「死んでもうたらな、それで終いや。せやけど生きとったら何度でもやり直しがきくんやで」
隆二「やり直しのきく人生なんかいらん、打ち上げ花火みたいにドーンと上がってパーッと散るのが俺の理想や」
→考え方が逆。兄のが子に対してのフォローしてくれるので、兄貴分として慕われる気がするけど、死に対しての考え方は弟のがやくざ向きで、組織としては補完された関係だなーと。

●歌舞伎町
「あれ、テレビで見た事あるぞ」
「にいやん、やめてくれ。おのぼりさん恥ずかしいやんか」
→はしゃいでるにいやん素敵ですね!!

●弟のことほっとけない
弘一「わしは、おまえの個人的な補佐や」
隆二「なんや、ただのおせっかいなオッサンちゅう事か」
→隠していたお金の件もそうですし、弟への甘さも見えたり優しいです。

●前世
弘一「わし、どうやら前世な…犬やった」
隆二「犬?何の種類や」
弘一「チワワや」
→かわいいかな!!「チワワは嘘や。ブルドックやろ」のオチも良い。

●最後…
弘一「隆二、これからはおまえ1人でがんばりや。わしゃな、二度とこの世界に戻らねぇ」からの数年後……「今のわしにはヨシオがおんねん、ヨシオがワシの全てや。こいつの為やったら死んでもかまへん」
→そして、 二人は反対の方向へ進んでいきエンディング。寂しいけど仕方ないよね。

【東京のキャバクラ】
背景の額縁に飾ってある写真が気になって集中できない!あれ?一体何だろう?気になって、あの辺の話頭に入らなかった。

好きなセリフ! 

【隆二】「健康になりたかったら、ハナからやくざなんかやってません」
【弘一】「おまえまた、ワシにやくざやれぇ言うんかい」
【タダ】「せやけど、シャブはもうアカンで。キチガイ言うても、計算されたキチガイやないとな」
【弘一】「手打ちってなんや。しゃんしゃん言うたかて、死んだ二人は帰ってきいひん」
【弘一】「隆二、これからはおまえ1人でがんばりや。わしゃな、二度とこの世界に戻らねぇ」

 

まとめ

最後は少しさびしい終わり方でした。
今までずっと一緒に過ごしてきたのに、お互い自分の行くべき道に進んだということで、哀しい気持ちもあるけどハッピーエンドです。結末に至るまでは、やっぱり兄弟のやりとりが良いので、仲が良い時も上手くかみ合ってない時も、この2人を楽しみましょう。

 

傷だらけの侠達 完結編

 

『傷だらけの侠達』わしゃあな…○○○なんか嫌いじゃ

概要・あらすじ

昭和の神戸。山賀組の枝・浜誠組には、情の向くまま突き進む無茶苦茶な二人、岡中兄弟という者がいた。兄の弘一(小沢仁志)と弟の隆二(本宮泰風)は、同じ代紋だろうが、気に喰わなければ半殺し。ある日、梅田組の賭場を荒らしてしまった隆二は関西に居場所をなくし、ケジメをとった弘一も堅気となるのだが…。(C)2012 コンセプトフィルム

(引用:prime video)

キャスト・スタッフ

監督 城島想一
主演 小沢仁志, 本宮泰風, HIDE

(引用:prime video)

ストーリー(読まなくていい

カレー食事シーン→同組内(山賀組)のシマ荒らしするも和解→隆二、シャブ→隆二、行方不明からの賭場で荒らしで発砲→浜誠組内、ドンパチを回避する為に隆二殺す命に→九州に一時隠居→組長、引退宣言→弘一、引退届けからのカタギに→大分市で、弟と会い新しい仕事→隆二、宮市組長の実子分に→谷健、死亡により山賀組の跡目争いに→昭和59年、6月山賀組分裂→抗争
⇒完結編へ続く。

登場人物

山賀組系 浜誠組

組長:浜田
若頭:マエカワ
組員:タカイシ
組員:岡中弘一(兄
組員:岡中隆二(弟

山賀組系 谷健組

組長?:ワタライ
三代目山賀組若頭:谷本健一→死亡

タダ工業(大阪

組長:タダ

宮市組

f:id:t_karara:20191213172755j:plain

ココが好き!

【はーとふる☆やくざ】
軽快な音楽でスタート。コントかな!?
すぐケンカする~!殴る蹴る~指切りシーンあるよ!

【昭和48年(1973年)神戸】
電話が、押しボタン式電話で昭和レトロ!
携帯やらスマホが無いから新鮮。

キチガイ兄(弘一)弟(隆二)
●兄→弟
弘一「誰も理解してくれへんけど、あれはやくざとしてワシとは比べものにならん程、真剣に生きとるんですぜ」

●やらかした隆二への処分
弘一「わしが隆二殺してきますわ」からの「おまえが他の誰かに殺られるくらいやったら、わしがこの手であの世に送ったるわ!」
隆二「わかった。…にいやん、好きにしてくれ。にいやんに殺されるんやったら、何の未練も無いわ」
→結局出来なくて、カタギになった兄。久しぶりに九州で会った時も変わらず仲がよろしくて!!

●性格
性格はほぼ真逆。でも互いが互いを補っている。兄が弟のフォローしている描写が多いけども、二人で一つみたいな印象を受ける。

好きなセリフ! 

【若頭】「一体、この家族はどないなっとるんや」
【タカイシ】「昨日まで殺すの殺さんの言うとった者同士がこうやって仲良う酒飲んで、明日になったらホンマに殺し合いしてるかも分からん。この世界はそういう世界や」
【弘一】「命は粗末にしたらあかん」
【野球監督】「野球やりたい奴は我慢してでもついて行くし、半端なな気持ちな奴は勝手にやめていくやろ」
【弘一】「そんなしょうもない我慢するくらいやったら、どんなにシンドおてもカタギで生きてく方がよっぽど楽じゃい」
【弘一】「己の道は己で決めなあかん」
【隆二】「自分を殺してどうにもならん道を我慢に我慢を重ねて、貫いていくんがホンマもんの極道や」
【弘一】「わしゃあな…やくざなんか嫌いじゃ」

まとめ

兄弟で成り上がるサクセスストーリーかと思いきや、やくざ社会に翻弄されてる話。音楽も楽しげな雰囲気が多いので、ほっこりコメディ?
そもそも出世云々よりも、岡中兄弟のやりとりを楽しむのだ!!ひたすら「兄弟仲が良いなー!」としみじみ鑑賞する作品。
ED曲かなり好き!作中でこの曲流れてないか探したが、無かった(多分?)。

 

傷だらけの侠達

 

『武闘派』ハナっから畳の上で死ねると思っちゃいねぇんだよ

概要・あらすじ

田舎ヤクザに愛想が尽きた!憧れたのは“食うか食われるか”極道の世界!!俺は、俺の極道を行く!!!花の都に憧れながらも、田舎ヤクザで侠をはっている蜂谷(本宮泰風)。堅気のようなシノギで細々と暮らす生活にも限界を感じた蜂谷は、相棒の嵯峨根(山口祥行)と、“己の極道”に走り始め、組に内緒のシノギで荒稼ぎしていく。そんな中、10年振りに若頭の山崎(小沢和義)が組に戻ったことにより、組織は分裂の危機に立たされることになるのだが…。「侠見せます!」若手ヤクザがみせる真の侠の生き様とは?!(C)2012 コンセプトフィルム

(引用:prime video)

キャスト・スタッフ

監督 浅生マサヒロ
主演 本宮泰風, 山口祥行, 永倉大輔

(引用:prime video)

ストーリー(読まなくていい

千葉の田舎やくざのお話→蜂谷と嵯峨根、決意からの行動→テルイ、フジオカをボコボコに→山崎、フィリピンから帰国→嵯峨根、山崎と盃→山崎の仲介を経て、フジオカとテルイの仲直り?→山崎により部屋住み内めちゃくちゃ→山崎、組割り→鯨井一家vs山崎派→鯨井は引退させられ、ミウラが総長代行で、ミウラ・ダイナリ・蜂谷・嵯峨根・テルイで山崎との決戦へ→鯨井・フジオカ、死亡→最後の決戦
⇒おしまい。

登場人物

鯨井組(鯨井総業

総長:鯨井
若頭:山崎
若頭補佐?:ミウ

組員:ダイナリ
組員:フジオカ
組員:蜂谷
組員:嵯峨根
組員:テルイ

f:id:t_karara:20191211181224j:plain

ココが好き!

【はーとふる☆やくざ】
軽快な音楽で、コントかな?という軽さで話に入りやすい。

【武闘派!?】
蹴る、殴る、蹴る。裸で土下座させたり。木刀持って、会話しながらビンタ。すぐ殴る―!鼻に箸つっこんだり。
後半は発砲!刺したり!発砲!発砲!です。

【だいちゃん】
●喫茶店
だいちゃん「終わってるってなんだよ、おまえ。俺はお前らより年上だぞ」
蜂谷・嵯峨根「「知ってるよ」」(ハモリ)
→この前後のやりとりがすっごいコント(・∀・)!!楽しい!

●決戦進行中…車中で
蜂谷「おめえもだよ、車で待機しとけ」
だいちゃん「おめえらじゃ頼りねぇんだよ」
嵯峨根「頼りねぇのはおまえの方だよ、ばかやろう」
→一応ね、2人よりも年上なんですよね。完全に足手まとい認定されてる。

●最後…
だいちゃん「俺はよ…やくざだ。ハナっから畳の上で死ねると思っちゃいねぇんだよ、最後くらいよ。かっこつけさせろってんだよ、ばかやろう」
→ぶわわわ( ;∀;)最後に見直されて謝られて…かっこいいです!(昔はイケてた人らしいので、元からカッコいい人)

死亡フラグ
フジオカ「一応、親父のボディーガードつーことで叔父貴に言われてます」
鯨井「いらんよ!そんなのいらん!山崎がこんなトコまで追ってくるような知恵があるわけねぇだろ」
→即フラグ回収です。数分前にはあんな事言っていたのに。

【総長代行】
ミウラ「子の不始末は親の後始末、代行の俺が持っていく。おまえら…ガラかわせ」
→首から血を流しながら言っててカッコいいです。決着つけに行く前の「不細工なオチは許さん」も士気上がる感じが良い!

好きなセリフ! 

【蜂谷】「こういう事はその都度きっちりカタつけていかねぇと、あとで死んじゃったりするんだぜ」
【嵯峨根】「そんなバッチ振りかざしてキリトリなんかできっかよ」
【だいちゃん】「おまえらまた何かおっぱじめたんだろ?どーせまた、しょうもねぇ事思いついちゃったんだろ」
【山崎】「安心しろ、俺が教えてやるよ、本物の極道ってやつを」
【山崎】「極道を貫くのか、カタギに成り下がってまでも飯が食いてえのか…どっちかって聞いてんだよ」
【嵯峨根】「あれ?盃でしたっけ?いや、俺バカだから乾杯だと思ってました」
【鯨井】「おまえも男なら、鯨一家に砂をかけるつもりならまっすぐに俺をやれ」

 

 引用:武闘派

まとめ

気楽に気軽にサクっと見れる作品!!
前半はほっこりハートフルコメディで、中盤~後半は一般的な任侠な流れ。常に楽しげな曲が流れているので、重々しい雰囲気はほぼ無く、短編で登場人物の関係性も分かりやすい。終わり方も良き終わり方なので、人に勧めやすい!!

最終的にかっこいいのは、だいちゃんです!!

武闘派

『表と裏 第2章』おまえに会う約束してりゃあ、やり遂げられると思ってた

概要・あらすじ

民衆党議員・堂前恭一(遠藤要)と箕輪組々員の郡司昭次(大東駿介)は日本を変えることを約束し、それぞれの世界を駆け上がるために協力し合っていた。一方、総理大臣に最も近いといわれる経済産業大臣・鬼嶋(赤井英和)は、秘密裏に邪魔者を排除し、そのターゲットに堂前も含まれていた。

(prime video引用)

キャスト・スタッフ

監督 藤原健一
主演 遠藤要, 大東駿介, 大塚千弘

(prime video引用)

ストーリー(読まなくていい

【過去】→街頭演説→LOHAS製品についてあれこれ→古賀と木崎の密会→恭一の過去→森下、内山の件で脅される→恭一、公安部の人とお話→恭一、石部の秘書官となる→昭次、木崎と会う(古賀死亡)→港で恭一と昭次のお話。
⇒3へ続く

登場人物

堂前恭一(民衆党議員)

民衆党
幹事長:石部新太郎
経済産業大臣:鬼島修一
厚生労働大臣:更科浩一

森下(週刊リアル編集者)

大日本首刀社
幹部:古賀正和(木崎とつながり

竜神

総長:神山直介(68) →逮捕

羽田組
組長:羽田伸明
組長の運転手→補佐役:郡司昭次

銀老獪

若頭:木崎洋平

f:id:t_karara:20191210175907j:plain

ここが好き!

【刺激的なシーン】
殴る蹴るどんぱちなんてありません!とても平和的な拷問・忠告です!
20分頃:ナイフでお腹を刺したり。
37分頃:顔を袋でくるんでみたり。
ラスト際:お腹をさくり。

【子と父】
恭一の父は、鬼島。
今回はさらっと関係が明かされただけで、詳しい事情はこれから。

NWO
についての詳しい事は明かされていない。

【フラグ!】
●養護施設あさがお
くみ「あきちゃん悪いことしてないよね?なんか…悪い気を感じる」「あきちゃん、気をつけてね」
●港で二人
恭一「しばらく会うの控えないか」
昭次「………ああ、俺もそう思ってた。その方が良いよな」
→後のちこのシーンを振り返って、しみじみしたりしそうな雰囲気。

好きなセリフ!

【石部】「だがな、マスコミだけは敵に回すなよ。あいつらに追い込まれた人物は何人も見てきている」
【本屋店主】「まぁ、生きてるだけで儲けもんだよ。早く世の中変えてくれよ、俺はおまえらに協力できればそれでいい」
【昭次】「怒りをそのままぶつければ、それで終わりってことだ」
【木崎】「こんなご時世にドンパチしたくねぇだろうが」
【昭次】「おまえに会う約束してりゃあ、やり遂げられると思ってた」

まとめ

昭次刺されて…続く!!
話の進行はまったり(個人的体感) 。誰がどういう意図で、誰と繋がっているかを把握するのにはちょうど良い進みなのかもしれない。

第2章もまだまだこれからやっていこう!な流れなので、大きな変動はない。

 

表と裏 第2章

『大激突2 果てなき抗争』傍観者でいることだ、好奇心は死を招く

概要・あらすじ

京浜連合の森貞組と黒川組の藤岡総業による抗争は、森貞組若頭・安田(山口祥行)が藤岡総業組長・藤岡(井田國彦)を殺したことで終焉したかに見えたが、藤岡の最後の言葉、そして親のように慕っていた国本(冨家規政)を殺されたことにより、安田は絶縁を省みず黒川組組長・西野(白竜)暗殺を誓った。すでに黒川組に寝返っていた森本(古井榮一)は成田(小沢和義)の指示で安田暗殺に動いている。しかし成田はもっと強剛な暗殺人を送っていた・・・天下無双の殺し屋(小沢仁志)が、安田を死の恐怖へと追い詰めていく-!!(C)2018ピープス

(引用:prime video)

キャスト・スタッフ

監督 港雄二
主演 山口祥行, 長谷直美, 白竜

(引用:prime video)

ストーリー(読まなくていい

1の続き→森の中でのドンパチ→安田、肩負傷→殺し屋も負傷→黒川組、安田報復の準備→殺し屋、一般人も見境なくやる→京浜連合幹部会により森貞、除名→《森貞、安田に情報流す》京浜連合と黒川組の手打ちの日程(月末大安)を教える→森貞、殺し屋に殺害→【国本家族の過去】→殺し屋、病院潜入→成田、西野に岡田の件がばれる→決戦の日
⇒3へ続く?

登場人物

京浜連合

理事長:多田宏
理事:潮路昭夫
理事:林章二
理事:織本英吉

森貞組
京浜連合理事/組長:森本貞一
若頭:安田道夫
組員:岩見貴史 →死亡
組員:サトル→死亡
組員:ナルセ

国本組(国本建設
京浜連合理事/組長:国本俊郎
組員:甲山勝也

黒川組

三代目組長:西野聖剛

成田組

若頭/組長:成田朝雄

藤岡総業

若頭補佐/組長:藤岡計
組員:水上益夫

その他

美人局のオカマ:??→死亡
与党代議士:岡田文雄
安田の姉:ヤスコ

f:id:t_karara:20191209202943j:plain

ココが好き!

【質問に答えろ】
ホテルの受付の人とコントみたいになってる!!

【殺し屋】
今回の主人公と言っても過言ではない。
老夫婦や医者、看護師…関係ない一般人までやります。最初はその人と関わったというだけで、関係者扱いなのかな?と思ったけど、ただの殺戮大好きさんでした。
自分で身体に入った弾丸取り出して、縫ってるのも痛たたたた…。殺し屋なのに存在感あるし、一般人もやっちまうので怖い人です。

【QTE(クイックタイムイベント)】
病院での安田vs殺し屋のスローな演出が、QTEぽくて好き!

【助けてくれた医者】
医者「良い親分だったな…ここいらには診療所はココしかないからって、改修工事までタダ同然でやってくれてな」
→1の森貞組長の件もあって、この優しい人も裏切るのでは?という不信感で見てたけど普通に良い人だった!ごめんなさい!

【決戦前に】
勝也「今夜はチャーハン食いたいです」
安田「俺も…食えたら食いてえ」 
ヤスコ「3人分ね、用意して待ってるから。帰っておいでよ!」
→こういう決戦前の雰囲気好き!!フラグです。ゲームだったら、ここで一旦セーブしてラスボス戦に挑むところです。

【決戦】
安田・勝也vs殺し屋vs黒川組の混戦になる。

人のお宅でバカスカ撃ちまくる。お家は広しといえど、近隣の人たちはあの発砲音の多さに何を感じるのだろうか…とすごくどうでもいいことを考えてしまった。
弾装填しなおしての撃ち合い、かっこいいです!

好きなセリフ! 

【黒川】「終い方を間違えるなよ」
【安田】「俺たち下っ端ばっかり血流して、お偉いさんがぬくぬくしてるんじゃ不公平だからよ」
【勝也】「俺の親は姐さんと…殺された親父だけだ」
【殺し屋】「傍観者でいることだ、好奇心は死を招く」

まとめ

何を勘違いしたのか、2で話が終わると思っていたのですが、続きました。

2も相変わらずドンパチしているので楽しいです! 1はまだ極道感?あったけど、2は大幅に減った印象。殺し屋のターンましまし多め!とにかく発砲したり首しめたり、発砲したりそんな感じです。

早く続きが見たいです! 
※結末を見て感じる感想も変わると思われ。

 

大激突2 果てなき抗争

『大激突 果てなき抗争』ひゃっほいドンパチ!!ケジメって…道徳の時間か

概要・あらすじ

全力で・・・来い!!狙われた男と追う男。どちらかが死ぬまで戦いは終わらない-。男たちが限界に挑む任侠アクション!!京浜連合・森貞組若頭の安田(山口祥行)は、組員の岩見が恋人と一緒に死んでいた事件が、敵対関係にある黒川組・藤岡総業組長の藤岡(井田國彦)の仕業ではないかと思案する。しかし真相は、黒川組若頭の成田(小沢和義)が、与党議員の岡田(諏訪太朗)の依頼で実行した暗殺だった!成田は今回の騒動を、森貞組と藤岡総業との抗争に発展させようと画策する。両組の抗争は次第に勢いを増し、ついに藤岡総業組員が森貞組組員を弾いてしまった。連絡を受けた安田は激高、弟分の甲山(永岡卓也)と共に、藤岡総業の事務所に乗り込むのだが・・・。©2018ピープス

(引用:prime video)

キャスト・スタッフ

監督 港雄二
主演 山口祥行, 長谷直美, 小沢和義

(引用:prime video)

ストーリー(読まなくていい

色んな意味で衝撃シーン→殴る蹴る!→成田、美人局(岡田を脅していた)を暗殺依頼処理→森貞組、返しする雰囲気→黒川組幹部会→京浜連合幹部会→成田、抗争誘発→森貞組員、藤岡総業組員に撃たれる→安田・勝也、藤岡総業事務所にカチコミ→《藤岡組長の巻き込み》京浜連合の幹部ら、襲撃受ける→《森貞組長の裏切り》手打ち→国本、殺し屋に暗殺され死亡→安田、藤岡総業事務所カチコミで壊滅→成田、森貞と密会→《森貞組員の情報流し》安田、写真を得て岡田の元へ→成田・森貞怒り→ヤスコ、勝也襲撃受ける→一方、安田も武器取引中に襲撃を受け…
⇒2へ続く。

登場人物

京浜連合

理事長:多田宏
理事:潮路昭夫
理事:林章二
理事:織本英吉

森貞組
京浜連合理事/組長:森本貞一
若頭:安田道夫
組員:岩見貴史 →死亡
組員:サトル→死亡
組員:ナルセ

国本組(国本建設
京浜連合理事/組長:国本俊郎
組員:甲山勝也

黒川組

三代目組長:西野聖剛

成田組

若頭/組長:成田朝雄

藤岡総業

若頭補佐/組長:藤岡計
組員:水上益夫

その他

美人局のオカマ:??→死亡
与党代議士:岡田文雄
安田の姉:ヤスコ

f:id:t_karara:20191209202943j:plain

ココが好き!

【初っ端から…】
衝撃的なシーンで、色んな意味で魅き込まれますね!

【森貞組】
幹部たちも敵陣側も「森貞」と呼んでいる。本名は森本貞一。
「キムタク」みたいな愛称かと思っていたけど、藤岡も森貞さん、と呼んでいたり…なのであくまで組の名前で呼ぶのが普通なのかな?

森貞組長すごいです~!昨日は笑顔で感謝述べてたのに、今日はその人の事を平気で売るとか。はぁ…こんなの人間不信になります♪

死亡フラグ?】
勝也の屋上での決意表明。こんなの言ったら死んでしまう~と思っていたら、亡くなったのは組長でした。でもほのぼのシーン大事!

 【どんぱち!】
●路地裏の小競り合い(森貞組vs藤岡総業)
●オカマ殺し
●キャバクラからの事務所襲撃(森貞組vs藤岡総業)
●殺し屋→国本
●安田→藤岡総業事務所襲撃
●安田vs森貞組、殺し屋→勝也・ヤスコ
→ドンパチ殴る蹴るシーン満載で、まさに「大激突」です!

 【武器商人】
武器選んでる時の曲がすごく牧歌的に感じて、ほっこり。

好きなセリフ! 

【安田】「駆け引きばっかり先にたってよ、どいつもこいつも肝心な事忘れてやがるんだ」
【成田】「野良犬だろうが。いいか、たった二匹の為にな、応援なんか出せねぇぞ」
【林】「責任取れ。エンコおとせぇ」
【黒川】「おまえら、代紋にあぐらかいてたるんでんじゃねぇのか」
【藤岡】「確実に殺りたいんでね、どっかで任侠道の面汚しが殺し屋飼ってシノギにしてますよね?」
【藤岡】「ケジメって…道徳の時間か」
【成田】「あんなハゲおかま野郎でもな、俺にとっちゃあ大事な金ヅルなんだよ」

まとめ

「こ、殺される!??!」というところで続きます。
わ~い\^▽^/ドンパチ好き!とにかくドンパチ大好き!な人向け作品。
カチコミだ~襲撃だ~~とにかくすぐ発砲する~!殴る蹴るもあるよ!でも発砲している事のが多いよ!大体、そんな感じです。
あとは、利己的な人が多いのでそういう人たちを眺めましょう。

しかし、なんて哀しい曲でスタッフロールが流れるんだろうか。あんな終わり方するので哀しみも倍増。

 

大激突 果てなき抗争