任侠かもしれない

任侠かもしれない

任侠作品の感想を書いてます。

『武闘派』ハナっから畳の上で死ねると思っちゃいねぇんだよ

概要・あらすじ

花の都に憧れながらも、田舎ヤクザで侠をはっている蜂谷(本宮泰風)。堅気のようなシノギで細々と暮らす生活にも限界を感じた蜂谷は、相棒の嵯峨根(山口祥行)と、“己の極道”に走り始め、組に内緒のシノギで荒稼ぎしていく。そんな中、10年振りに若頭の山崎(小沢和義)が組に戻ったことにより、組織は分裂の危機に立たされることになるのだが…。「侠見せます!」若手ヤクザがみせる真の侠の生き様とは?!

(引用:youtube

キャスト・スタッフ

出演:本宮泰風/山口祥行/永倉大輔/淳平/木村圭作/古井榮一/中野裕斗/松田優/小沢和義

(引用:youtube

ストーリー(読まなくていい

千葉の田舎やくざのお話→蜂谷と嵯峨根、決意からの行動→テルイ、フジオカをボコボコに→山崎、フィリピンから帰国→嵯峨根、山崎と盃→山崎の仲介を経て、フジオカとテルイの仲直り?→山崎により部屋住み内めちゃくちゃ→山崎、組割り→鯨井一家vs山崎派→鯨井は引退させられ、ミウラが総長代行で、ミウラ・ダイナリ・蜂谷・嵯峨根・テルイで山崎との決戦へ→鯨井・フジオカ、死亡→最後の決戦
⇒おしまい。

登場人物

鯨井組(鯨井総業

総長:鯨井
若頭:山崎
若頭補佐?:ミウ

組員:ダイナリ
組員:フジオカ
組員:蜂谷
組員:嵯峨根
組員:テルイ

f:id:t_karara:20191211181224j:plain

ココが好き!

はーとふる☆やくざ

軽快な音楽で、コントかな?という軽さで話に入りやすい。

 

武闘派!?

蹴る、殴る、蹴る。裸で土下座させたり。木刀持って、会話しながらビンタ。すぐ殴る―!鼻に箸つっこんだり。
後半は発砲!刺したり!発砲!発砲!です。

 

だいちゃん

●喫茶店

だいちゃん「終わってるってなんだよ、おまえ。俺はお前らより年上だぞ」
蜂谷・嵯峨根「「知ってるよ」」(ハモリ)

→この前後のやりとりがすっごいコント(・∀・)!!楽しい!

●決戦進行中…車中で

蜂谷「おめえもだよ、車で待機しとけ」
だいちゃん「おめえらじゃ頼りねぇんだよ」
嵯峨根「頼りねぇのはおまえの方だよ、ばかやろう」

→一応ね、2人よりも年上なんですよね。完全に足手まとい認定されてる。

●最後…

だいちゃん「俺はよ…やくざだ。ハナっから畳の上で死ねると思っちゃいねぇんだよ、最後くらいよ。かっこつけさせろってんだよ、ばかやろう」

→ぶわわわ( ;∀;)最後に見直されて謝られて…かっこいいです!(昔はイケてた人らしいので、元からカッコいい人)

 

死亡フラグ

フジオカ「一応、親父のボディーガードつーことで叔父貴に言われてます」
鯨井「いらんよ!そんなのいらん!山崎がこんなトコまで追ってくるような知恵があるわけねぇだろ」

→即フラグ回収です。数分前にはあんな事言っていたのに。

 

総長代行

ミウラ「子の不始末は親の後始末、代行の俺が持っていく。おまえら…ガラかわせ」

→首から血を流しながら言っててカッコいいです。決着つけに行く前の「不細工なオチは許さん」も士気上がる感じが良い!

 

好きなセリフ! 

【蜂谷】「こういう事はその都度きっちりカタつけていかねぇと、あとで死んじゃったりするんだぜ」
【嵯峨根】「そんなバッチ振りかざしてキリトリなんかできっかよ」
【だいちゃん】「おまえらまた何かおっぱじめたんだろ?どーせまた、しょうもねぇ事思いついちゃったんだろ」
【山崎】「安心しろ、俺が教えてやるよ、本物の極道ってやつを」
【山崎】「極道を貫くのか、カタギに成り下がってまでも飯が食いてえのか…どっちかって聞いてんだよ」
【嵯峨根】「あれ?盃でしたっけ?いや、俺バカだから乾杯だと思ってました」
【鯨井】「おまえも男なら、鯨一家に砂をかけるつもりならまっすぐに俺をやれ」

 

 引用:武闘派

まとめ

気楽に気軽にサクっと見れる作品!!
前半はほっこりハートフルコメディで、中盤~後半は一般的な任侠な流れ。常に楽しげな曲が流れているので、重々しい雰囲気はほぼ無く、短編で登場人物の関係性も分かりやすい。終わり方も良き終わり方なので、人に勧めやすい!!

最終的にかっこいいのは、だいちゃんです!!

武闘派【動画配信】

 

U-NEXTもオススメです!