任侠かもしれない

任侠かもしれない

任侠作品の感想を書いてます。

『ヒットマン2』ヤクザにはヤクザの生き方がある。それは五郎も同じだ

概要・あらすじ

復讐を果たした山内寛治(木田佳介)と寛治によって組長の梅原を殺された尾上五郎(近藤廉)。
寛治は梅原組から狙われてしまい、海外への逃亡まで身を潜めていた。
五郎は組員たちから寛治と手を組んで組を潰そうとしているのではと疑いの目を向けられていた。
若頭の久瀬(小坂正三)は五郎の不遇な立場を見かね寛治を殺して、名誉挽回の機会を与える。
一方、寛治は親友だった五郎を傷つけたことで悪夢にうなされていた。
海外逃亡の日、寛治は手引きしてくれた山崎薫と待ち合わせしていたが、現れたのは五郎だった。

(引用:youtube

キャスト・スタッフ

木田佳介
近藤廉 上田弘治
税所篤彦 友和
淺野潤一郎 贈人
小坂正三 佐藤聖
尾崎泰弘 麻木貴仁
菅田俊

脚本:貝原クリス亮
監督・ガンエフェクト:浅生マサヒロ
発売:アドバンス
販売元:オールイン エンタテインメント
(C)2020アドバンス


(引用:youtube

ストーリー(読まなくていい

前回のあらすじ→梅原は殺され、五郎は足を撃たれ、梅原組内はざわざわ(病死扱いで表沙汰にしない)→寛治、薫に海外逃亡の用意を→梅原組ごたごた→五郎、自分で撃たれた傷を治療→「組長を殺されたのは、寛治に手柄を立てさせるためでは?」と立場が危うくなる→五郎、久瀬から寛治への暗殺命令→薫と公平→ずっと寝ていた前島さんが目覚める→寛治、五郎が公平と薫を刺す夢を見る→薫、逃亡の手伝い→公平、最後に寛治に会いたいと薫に頼む→五郎、薫に寛治の逃亡ルートを聞く→五郎vs薫→前島、湾岸開発の計画問題→港で寛治vs五郎からの公平乱入→前島、契約書をもぎ取ってくる→五郎、事務所に戻って武器を要求するも拒否する身内のサエキを殺害→寛治、前島と電話で話す→寛治、公平と話→前島、川西と話のあと→(最終決戦)寛治vs五郎→川西組と梅原組の手打ち→寛治、公平と別れ

⇒おしまい。

登場人物

川西組

組長:川西
若頭:前島
組員:山内寛治

梅原組

組長:梅原
若頭:久瀬
組員:サカキ
組員:尾上五郎

その他

武器商人:山崎薫
堅気:佐藤公平

(※作品内、表記違う気がする?)

f:id:t_karara:20211107102644j:plain

ココが好き!

【神棚】:川西組事務所

ドンパチ!

殴り合い、多め!!血も出る。
1と比べたら、めちゃくちゃ殴り合いしてるのが良い!

「うるせー!行かせねぇー!」な感じで、行動を止めさせる為に、すぐ殴り始める。

久瀬さん!

久瀬
「けどな、ヤクザにはヤクザのケジメのつけ方ってのがある」
「てめぇは何のために組入った? あぁ? チンピラどもとヤクザごっこするためじゃねぇだろ?」
「こんなんでつまづいてちゃあ、上にはいけねぇ」

煽るだけ、煽るもんなぁ、この人。

薫!

寛治に、海外逃亡の手筈を頼まれるが、準備に時間がかかる。

薫は公平に怒る。
「ヤクザの問題に、カタギが口出ししてはいけません!」で薫なりに、公平を守ろうとした結果、手錠で監禁状態にしていた。

公平は、寛治が生きていることを知り、最後に寛治に謝りたい(警察に連絡したこと)。

五郎VS薫

五郎は、薫に『寛治の逃亡ルート』を聞く。

五郎「いまさら、友情があるから言えねぇとか言うなよ。敵同士にだって、何でも売るのがおめえの仕事だろ」
薫「言えねぇ。爆弾や拳銃は、敵味方関係なく売るけどな。寛治の逃亡ルートは言えねぇ」
五郎「じゃあ、金払うよ。ネタとして売ってくれよ」
薫「億払えるか? 今、寛治を売ったら裏の社会での俺の信用は無くなる。二度と商売できねぇ、商売できなきゃ飯が食えねぇ……だから生涯をかけた金をもらう、10臆! それも現金払いだ!」
五郎「俺だって人生かかってんだよ。はい、そうですかって、ひっこむわけにはいかねぇんだよ! 言え! 寛治はどっから逃がす!」

寛治のことは売らないッ!!!
1だと金優先だったのに!2にきて、友情?を見せるよアツいよ、薫くん!!

「寛治が海外行くまで眠っておけ」で薫は五郎をぼっこぼこにするが、五郎も負けじと応戦。

鉄パイプの薫vsかなづちの五郎

「寛治はどこだーー! 言ってくれーー!!」で殴り続ける五郎。
「こんな状況だからかえって、言いたくなくなるのが人情だよな」血まみれの薫。

五郎はひたすら殴り続け、薫を殺してしまう。
そして、監視カメラの映像から、寛治の逃亡ルートの情報を得る。

寛治VS五郎(港戦)

待ち合わせ場所には、薫は来ない。代わりに来たのは、五郎。
寛治は、銃口を五郎に向け、二人のタイマンが始まる。何度か殴りあいの末に、五郎が銃を手にし、寛治に止めをさそうとする。

五郎「あっちには薫もいるし、俺もすぐ逝くからよ……じゃあな」

そこへ、車が突っ込んでくる。
車を運転していたのは公平。寛治を助け、逃亡。

五郎「くそ! またか! また逃げんのかよ! 寛治! チクショー!!」

置いてけぼり喰らう五郎、めっちゃいいですね!!
ココから、道具を求めて事務所で暴れるトコあたりまで、すごく良い!

道具を探して……

梅原組事務所で道具を求めるも、サエキさんに拒否され、殺ってしまう。

五郎
「道具もらえますか? 寛治、始末します」
「組長の返しをする俺は間違ってませんよね? 極道の正しい姿ですよね? 邪魔する奴は、排除してもいいんでしょう?」
「久瀬さん! 道具貰えますか?」

五郎くん、めちゃくちゃ興奮状態。

久瀬「渡せるわけねぇだろう。
五郎「え……?」
久瀬「仲間殺すようなサイコ野郎に道具なんて渡せねぇ!」
五郎「久瀬さん……俺はヤクザとして」
久瀬「うるせぇ! 同じ組のモン殺してんだ! てめぇは破門だよ! 破門じゃすまねぇ、絶縁だよ!!」

久瀬は五郎に自首すすめるも、拒否。

五郎「俺は捨て駒にも、負け犬にもならねぇ! 寛治の首とって、名を挙げて、のし上がってやんだよ!」

五郎のことをサイコパス扱いしますが、『誰が彼をこうさせたか?』というと、梅原組なんですよね。五郎本来の気質も相乗しているけど、常に着火させてるのは組。

前島さん!

若頭の前島さん、ようやく目覚める!
闇医者に礼を言い、川西組の事務所に戻り、これまでの事情を知る。
寝ている間に、湾岸のシノギを梅原組に取られたり……と、前島さんはちょっと思うところがある。(若い奴等の血が流れているのに、この組長何してんだろう??)

川西「俺はよ、銭金でヤクザやってるわけじゃねぇ」

おやおや? お口がうまいですね^ω^

 

電話で

前島「いいか、寛治。おまえには戻る場所がある。俺が作ってやるから、絶対に死ぬんじゃねぇぞ」
寛治「はい」
前島「何か迷ったときは、生きる方を選べ。いいな」
寛治「……ありがとうございます」

これが死亡フラグだ!!!カシラ~~~( ;∀;)!!!

 

川西組事務所で

川西「梅原とは手打ちのナシつけた。そりゃあ、川西の看板もメンツも大事だ。けど、シノギだって大事だろ? 俺の病気、お前のケガ、治療するには金が必要だぞ。なにも金こそがすべてって言ってるわけじゃねぇんだ」
前島「じゃあ寛治は! 組の為に身体はった寛治はどうなるんですか!!」

寛治本人も、納得の上との説明。

前島「ふざけるんじゃねぇよ。それで若い奴らの鑑になれるですか。俺たちの命令で下の奴は、身体張るんですよ。死ぬような場面でもとぶんですよ……だから、任侠は」

と語っている途中で、川西は前島に発砲し殺害。

川西「義理も筋も金があって、初めて意味を成すんだよ」

カシラアアアアアアアア!!!(´Д⊂ヽ
前島さんがあっさり、死んでしまったのがかなしい!!(だが死なないと、話が進まない)

部下のことを考えてくれてるので、部下から慕われている前島さん。
だけど、上と方針が違うから、川西組長にとっては、目障りな存在でしかない。
組織での出世とは、能力がうんぬんよりも、人間関係にも恵まれることである……と前島さんは教えてくれます。(バリバリのやり手で出世頭だとしても、空気読めずで上から嫌われてたら、一発さようなら)

公平!

公平「五朗の足、いつからあんなに悪くなっちまった?」
寛治「…………」
公平「そうか、おまえがやったのか」

寛治は、多くは語らない。

 

公平の家で

会社の船つかって、寛治を逃がすことに(密航手配)。

公平「海外に逃げるのやめて、ココに居たっていいんだぜ? まぁ、嫁とガキが戻ってきたら、ちょっとうるせぇけどな(笑)」
寛治「おまえがムショに入ったら、嫁さんと子供は、誰が面倒を見る? 俺はサツに追われてるんだ。俺をかばうだけで、おまえはムショ行きだ」

公平は、嫁子供よりも寛治を優先している。
しかし寛治は、海外へ逃げずに五郎と決着をつけることに……

寛治「目の前の敵から逃げるなんてだめだ、ヤクザとしてそんなマネはできねぇ。俺だけが恥をかくんじゃねぇ。組に泥を塗っちまう」

(略)

寛治「公平。ヤクザにはヤクザの生き方がある。それは五郎も同じだ」
公平「ふざけんなよ! そんな勝手なナルシズムでダチ同士が殺し合うなんて、俺は認めねぇぞ!」
寛治「カタギのおまえには分かんねぇよ」
公平「行かせねぇつってんだよ!!」

公平は寛治を、ぶん殴る!!!(公平も元ヤンなので、殴ったりできる人)
それに寛治は速攻で返し、公平ダウン。

「さよならだ、……公平」

ここの言い方、めっちゃ良い!!!!

「良い~~!!」って思ったのに、
公平が手錠かけるから、「さよならじゃないんかーーーい!!」という、ツッコミを入れてしまった。公平も何が何でも行かせたくない!!(笑)。

公平「これから俺と自首するんだよ」

で、警察に電話しようとする。
しかし、寛治は外さねぇなら……と右手を切り落とそうとする!!(←ここが一番好きなシーンかもしれない!!)寛治の覚悟がすごい(; ・`д・´)!!!!

結局、公平は手錠を外す。

公平「俺とおまえ、いつまでがダチだったんだろうな。おまえだけじゃねぇ、五郎も、薫も。俺とは違い過ぎてる。いつの間にこんなに離れちまったんだろうな」

かなしいね。
死んでほしくない公平と、ケジメをつけたい寛治。どちらも、その想いは譲れない。

 

寛治VS五郎(最終決戦)

寛治、自らの右足をナイフでぶっ刺し、五郎と同条件でスタート。

お互いナイフからの 殴り合いど突き合い。
夕方のただっ広いところで殴り合い、美しくて、良いですね!!
そして急に、昔の回想を入れてくるので、泣きそうになる。

ああああもう、あの頃には戻れないんですよおおお!!!(叫び)

五郎が亡くなった描写は、ないけど実際どうなのか?
寛治は五郎と決着つけると言っているから、結局、倒れるまでやりあったのだろうか?瀕死ぐらいに留めて、ギリギリ生かしたのだろうか?(それは、観た人の想像に)

 

お主も悪よのう……

【シーン】隅田川の金のオブジェ(アサヒグループ本社の前)の引き

川西「これからは共存共栄でやってくしかねぇの」
久瀬「望むところです。今の時代、喧嘩なんてしてる場合じゃありません。喧嘩は費用対効果が著しく低いですから」

(略)

川西「これからは金儲けに邁進だな」
久瀬「ええ、いいシノギがあったら回してくださいよ」

裏でつながってる、川西組と梅原組。
うおおおゲスい~~(;^ω^)!!!(きらいじゃないけど)
チンピラの一人や二人、どうでもいいの♪ 自分たちが、幸せならそれでいいの♪

そこへ、寛治が乗り込み、久瀬と川西を射殺する。

 

好きなセリフ! 

【久瀬】「けどな、ヤクザにはヤクザのケジメのつけ方ってのがある」
【久瀬】「てめぇは何のために組入った? あぁ? チンピラどもとヤクザごっこするためじゃねぇだろ?」
蕎麦屋店主(闇医者)】「死ぬんじゃねぇぞ。生きて戻って治療費払えって、言ってんだよ」
【サカキ】「久瀬さんも言ってたぜ。おまえは汚れ仕事をしすぎて、組の裏側を知りすぎてる。もう殺すしかねぇってな」


 引用:ヒットマン2

まとめ

『かつて友達だった二人が殺り合う』のが、この作品のいいところ!

それぞれ、譲れない想いがあるのです!!
あの頃には戻れないんです。決着つけなければ、終わらないのです。

寛治あまり語らない反面、五郎の行動表情が楽しい!!
五郎は寛治よりも、立場状況が追い詰められているので、感情が表に出まくって暴走気味。(彼は力が欲しくて、たまらないんです!!コンプレックスの裏返しなのか、自分は何も持ってないから、のし上がらないと釣り合いとれない?単純に、寛治に負けたくない?という考えなのか?_?)

 

あと、「若い奴はな、こうやって使い捨てにされんねんぞ!!」という後味も残る。

寛治も五郎も、それぞれ組(組織)にとっては、いらない子なんですよね。
二人とも役目を果たそうと頑張ってるけど、上は煽るだけは煽らせて、あとは勝手にどうぞ~~~な、不条理でやり切れないね。
だけど、その辺りも好きです!!

 

 

ヒットマン2 [ 木田佳介 ]

 

U-NEXTもオススメです!

sobakara.hateblo.jp