任侠かもしれない

任侠かもしれない

任侠作品の感想を書いてます。

『日本統一』こんな時だけどよ、俺と兄弟分になってくんねぇか

 

概要・あらすじ

横浜の不良・氷室(本宮泰風)と田村(山口祥行)はその腕っ節で地元ヤクザを解散に追い込んだ。それをきっかけに命を狙われた氷室たちは、安西組の若頭・秋本(哀川翔)の手引きで大阪へ逃げる。だが相変わらず敵を作っていく氷室たち。ある日、巨大組織・侠和会の川谷(小沢仁志)に認められるものの、同時に侠和会傘下の三上組と対立し、抗争事件に発展する。川谷の助けもあり、氷室たちが三上組に入ることで事態は終局したかに見えたが・・・。一方その頃、侠和会会長の権田(千葉真一)、若頭の工藤(白竜)、そして至誠会会長・川端(梅宮辰夫)たちが、全国の極道を統一するために動き出していた・・・。  

(引用:youtube

キャスト・スタッフ

出演:本宮泰風/山口祥行/小沢仁志/誠直也/古井榮一/岡崎二朗/川村亜紀/勝矢/愛甲猛/ハチミツ二郎/白竜/哀川 翔/梅宮辰夫/千葉真一

(引用:youtube

ストーリー(読まなくていい

田村が出所してきた所からスタート→(【過去】時は8年前の横浜に遡る)→若宮と揉める→氷室の甥っ子、謙太が金銭トラブルで秋本と話し合い→安西組と揉め解散に追い込む→そして兵庫で龍征会を旗揚げする→秋本、組を立ち上げ蓮司たちを探す→横浜メンバーと合流する→バーで蓮司、川谷と会い忠告を受ける→更にイケイケドンドン!!→謙太三上組にボコボコにされ、龍征会は忠告を受ける(シャバを売り捌き)→蓮司と悠人以外ボコボコにされる→バーで蓮司と川谷の話をし詫びを入れようとするが、時すでに遅し…で、事務所で三上組ともめる→川谷の仲裁と蓮司の指切り、悠人の逮捕で話はおさまる→蓮司、三上と親子盃→【8年後】工藤が、侠和会2代目を襲名して……
⇒2へ続く。

登場人物

侠和会会長:権田誠蔵
侠和会若頭/工藤組組長:工藤雅信

侠和会内山崎組

若頭補佐/組長:山崎義政
若頭/川谷組組長:川谷雄一

侠和会系上田組

若頭補佐/組長:上田秀次
若頭/三上組組長:三上哲

龍征会
若頭/会長:氷室蓮司
副会長:田村悠人
理事長:斉藤浩樹
理事長補佐:町田駿
幹部:菅谷健太

その他

丸打系安西組
若頭:若宮
幹部(解散前)→三田組:秋本照政

五代目至誠会会長:川端忠雄 

氷室の恋人:ヨウコ

f:id:t_karara:20211006091614p:plain

ココが好き!

【舞台】横浜→兵庫。
【神棚】三上組事務所

ドンパチ!

すぐ殴る蹴る!
そして嘔吐物。血はそこそこ。発砲。軽い拷問。指切り。

vs安西組組員

一方的に殴りつけて、財布を奪う。

vs安西組若宮+組員たち

氷室「じゃあ力づくで行くしかねぇな」
若宮「おもしれぇじゃねぇか。ペッ……表出ろ」

皆で表出て、乱戦~~!!(氷室たちが一方的にボコボコに!)

氷室「若宮さんさぁ、もういいだろ、頭下げちゃえよ」
若宮「ふざけるな! てめぇらみてえなクソガキに頭下げるくらいだったら、死んだ方がマシだよ」
氷室「そっか。じゃあ、死ぬしかねぇな」

からの氷室、若宮を出欠させ、若宮経営のお店を強奪。

 

vs安西組

安西組は罠を仕掛けて、ヨウコを攫い、氷室たちを呼び出す。
だが、しかし返り討ちにあい、氷室たちは安西組を解散させる。

 

愚連隊吸収→vs侠和会系上田組組員

ケンカ勝ち、龍征会に吸収していく。
侠和会の中でも、龍征会は邪魔だという意見が出始める。

 

龍征会vs侠和会系上田組組員

三上さんがご挨拶以降、龍征会の人たちは襲撃を受ける。

 

謙太vs上田組組員

謙太、上田組組員を撃つ。

 

龍征会vs上田組

龍征会の事務所に、三上さんたち乗り込んでくる。

三上「ようけ、がんばってくれたのぉ。ここまでは褒めたるわ。ココが終点やけどな」

氷室さん、三上さんの話し合い。川谷さん登場し、そして仲裁。

川谷「兄ちゃん。それで指ちぎったれや……せめてものケジメや」

氷室、指を切り詫び。

川谷「ケジメと、スイーツ! これでしゃんしゃんにしたらんかい」

田村が懲役に行き、三上組が龍征会を引き取ることに。そして、盃へ。

 

オキャクサマ~~><

ボーイ「お客様~、お客様。もう少し、静かに飲んでくれませんか?」

からの田村、5発ぶん殴り。

田村「文句があるんだったらよ、ケツモチ呼んで来い」

→横浜、安西組のキャバクラでの出来事。ガクブル……(; ・`д・´)

 

謙太!

謙太は、氷室の甥。

貸した金返せよ

謙太の借りたお金(50万)が、利子付けで600万に。
そのことを謙太は、氷室に相談。ぶっぱなす予定の銃を氷室に回収され、一緒に金貸し(秋本)の元へ行く。そして、話し合いし、チャカのロシアンルーレット勝負をし、その結果……「元金だけでの返金でよい」ということになる。

秋本「男ってのは、親兄弟のために命を張るもんだ。こんな下らねぇことで命を無駄にするな」
氷室「フっ……忠告ありがとよ、センパイ」

その後さらに「調子に乗るな」と、秋本が忠告。

 

兵庫にきてから

謙太「蓮司さんはこっちきてから、妙に大人しくなったっていうか、人が変わっちまったみたいで」
田村「ばか! 蓮司が暴れたらな。すぐ俺たちなんか木っ端微塵だぞ」

 

おくすり

氷室「謙太……てめぇ、どうしてシャブなんか」
田村「謙太悪くねぇんだ。俺がやらせたんだよ。別にこづかいが欲しくてやったわけじゃねぇんだよ。奴らによ。負けねぇ位、資金力つけるにはコレが手っ取り早い方法だろ」

おくすりはご法度です!でも、会の為を思っての事なのです。

 

川谷さんと!

ファーストコンタクト。

氷室・田村、薬の売人から金を巻き上げているところに、川谷と接触

川谷
「若いうちは、中途半端でフラフラしとってもええけどな。男は行く道決めなあかん時が必ずくるんや」
「己の頭と腕っぷしだけで、テッペン目指すちゅう生き方もおもしろいとおまへんか」

 

BARで(2回目

一杯だけお酒を付き合う。川谷さんからの忠告。

川谷「にいちゃんら、なんやイケイケどんどんらしいのぉ」
「派手な噂があっちゃこっちゃから聞こえてくるわ」
氷室「だからなんだ」

 

BARで(3回目

お酒飲みながら、現状(山崎組敷地内の出来事だが、山崎組は一切手を出さない)の話。

川谷「死に華咲かす、つうのは聞こえはええけどな。こないな事で命散らすのは、……わしゃあ惜しいと思うで」

龍征会

事務所の看板つけるところ好き

田村「組員集めって何すりゃいいんだ? まさかビラ配るわけじゃねぇよな」
氷室「あたりまえだよ。あれだよ、あれ」
田村「あれ?」
氷室「とくいなやつ」
田村「とくいなやつ?」
氷室「俺たちには、あれしかねぇだろ」

街の愚連隊をボッコボコにして、吸収。
侠和会の幹部会でも議題に上がるほど、イケイケドンドン!300の大所帯になっていく。横浜に置いてきた皆と合流した時は、めっちゃ楽しそう!!

 

兄弟の契り

田村「こんな時だけどよ、俺と兄弟分になってくんねぇか。俺に身内みてぇなのおめぇしか居ねぇんだ。」
氷室「いまさら何言ってんだよ。俺とおまえはガキの頃がずっと一緒にやってきて、兄弟同然じゃねぇか。大体今そんな事言ってる……」
田村「いや! 今じゃなきゃダメなんだよ」

そして、兄弟の契り。この後、田村は8年服役するので、まさに、今、この瞬間でなければいけなかったのです。

好きなセリフ!

【田村】「やっぱ、シャバ最高だなー!」
【秋本】「噂通りの狂犬だな」
【秋本】「本職の俺に、道具を出す意味分かってんのか」
【氷室】「後々のこと考えたら、やっぱ、全員死んでもらった方がいいのかな?」
【氷室】「俺たちはヤクザと違って、盃で縛られてるわけじゃねぇんだ。生き死にの問題まで強要するわけにはいかねぇよ。逆に、こいつらの安全を保障してやるのが先輩としての正しい在り方なんじゃねぇのか」
【上田】「行く先阻むものがおったら、誰彼構わずぶち破って突き進む」
【田村】「ここで逃げ出したらよ、また横浜の繰り返しだぞ」
【田村】「こんな時だけどよ、俺と兄弟分になってくんねぇか」
【田村】「俺はバカだからよ。こんなことしか出来ねぇんだ」
【川谷】「みっかみちゃん!」

引用:日本統一

まとめ

横浜でヒャッハー!!して、兵庫で龍征会立ち上げて、ヒャッハー!!
して怒られる三上組に入るまでの話。

しかし、忠告してくれる人がいるっていうのは、良いものです。

長い統一物語の始まり!もう何度も見ているけど、久しぶりに見ると初期はとてもヤンチャですね。あと「みっかみちゃん」は無駄にリピート再生。「これでしゃんしゃんや」も使う機会があれば言いたい単語です(そんな機会は無いけど)。

このシリーズの好きなところ…
結局のところ蓮司と悠人の2人です。
主人公だからカッコイイのは至極当然なんだけど…兄弟の絆。 私はとても悔しい。「いかに素晴らしいか!」を説明をするに、ふさわしい言葉が出ないことが!!  


現時点(2017年5月)で22まで出ていて、流石に「全部見ろッ!!」とは言えないので「まぁまぁ…1作品くらい触りだけでも見てみなよ?(勧誘)」と言う作品です。  
すでに(2021年10月)私が追い付けてません。
17あたりで時が止まってます。

U-NEXTもオススメです!

sobakara.hateblo.jp