任侠かもしれない

任侠かもしれない

任侠作品の感想を書いてます。

『日本統一3』仲裁が入るも平行線のまま…そして塀の中へ

概要・あらすじ

侠和会二代目・工藤(白竜)の新体勢による派閥争いから、三上組と上田(岡崎二朗)率いる信闘会の関係は悪化していた。そんな折、三上組若頭・氷室(本宮泰風)や田村(山口祥行)の恩人、川谷(小沢仁志)が銃撃される。それが信闘会の仕業だと知った田村は、単身上田邸に潜入し、上田暗殺を実行する。同時に関西至誠会々長・川端(梅宮辰夫)は日本統一へ駆け上がる氷室たち三上組潰しを開始するのだった。

(引用:youtube

キャスト・スタッフ

出演:本宮泰風 / 山口祥行 / 小沢仁志 / 誠直也 / 古井榮一 / 岡崎二朗 / 川村亜紀 / 勝矢 / 木村一八 / 白竜 / 哀川 翔 / 梅宮辰夫

(引用:youtube

ストーリー(読まなくていい

前回までのあらすじ→町田がシモノを襲撃した件で三上組ガサ入れ→一方、横浜では秋元が逮捕される→悠人と健太、上田邸偵察→至誠会ら、現状と今後そして仲裁の動き→島田への襲撃するも失敗→悠人、モトムラを襲撃→引退を条件に手打ちを提案、停戦となり返しが出来ない状態になる→上田を襲撃し、悠人は逮捕される→仲裁のメンツを潰され至誠会が怒り、実行部隊に何らかの処分を求める→信闘会の報復、手打ちに→手打ち準備中に、山崎襲撃され死亡→蓮司、ヤガミを撃ち出頭
⇒4へ続く

登場人物

侠和会二代目

会長:工藤雅信
二代目工藤組組長:渡部圭太
総本部長/誠考会会長:尾本孝明

二代目侠和会内山崎組

侠和会若頭/組長:山崎義政
若頭/川谷組組長:川谷雄一

二代目侠和会内三上組

組長:三上哲
龍征会
三上組若頭/会長:氷室蓮司
副会長:田村悠人
理事長:斉藤浩樹
幹部:菅谷健太

信闘会

会長:島田富士夫
理事長:上田秀次
幹部?:モトムラ
幹部?:ヤガミ

五代目至誠会

会長:川端忠雄
理事長:石上晋介

その他

三田組幹部秋本組組長:秋本照政
蓮司の妻:リョウコ

演出・アクション・メモ

演出:話し合い→発砲→話し合い→発砲→話し合い、が基本の流れ。
アクション:主に発砲。ほぼ一方的に撃っているシーンが多く見られる。
メモ:モトムラを襲撃した時の時刻は2:59である。

ココが好き!

  • 悠人に死亡フラグが立っている!(並の人なら死んでる、でも主人公だから死なない!)
  • 悠人「俺には俺の役割つーのがあるんだよ。兄貴が頭使って、俺が暴れる。その関係はいつまで経っても変わらねぇよ。」(良いセリフという一言では言い表せない、ココから読み取れる絆の深さが半端ない)
  • 川谷「ワシ、嫌ですぜ…親父のオムツ交換するの」山崎「ドアホ!おまえに介護される位やったら、首くくって死んだるわ!」川谷「はいはい、わかりました」(⇒このほっこりシーン(死亡フラグ)からの襲撃の落差よ!!)

ベストオブ好き!

ラストの銃口を向けて話し合い。

シンプルに銃口向けて交渉するシーンが好きです。 もしかしたら、撃つかもしれないし、話し合いがまとまるかもしれない…ピリッとした状況。結果、どう転んでもいいけど、ギリギリまで焦らし演出されると最高ですね。

銃を構える姿もカッコイイけど、銃口を向けられた時の島田の、あの何とも言えない表情もかなり好き。

ホントかっこいいですね!  
(PVより引用)

まとめ

仲裁入るけど、結局
侠和会と信闘会が殺り合って、蓮司と悠人が塀の中に行くまでの話。  

印象的だったのが、
・「みんな蓮司の為に働きたい!俺が!俺が!(殺ります)」な舎弟たち。
・それ↑に対して、本人はまだ「俺なんか…」っていう不安で自信が無い蓮司さん。
川谷さんにもお墨付きもらっているし、皆が人望の厚さや器を惚れ込んでるのに、色々と悩んでいるのが良いです。 これからイケイケどんどんになっていくのに、この3では、まだ自分に対して半信半疑なのが姿が見れる。  

日本統一3【動画配信】

 

U-NEXTもオススメです!