夢の中のたからら

道だからのみちみち

最近は任侠作品の感想を書いてます。

『日本統一9』名古屋の跡目争いと、裏目の行動、そしてまた進む…

※個人の感想です/ネタバレ注意。

youtu.be

概要・あらすじ

二代目山崎組若頭に就任した氷室(本宮泰風)は岐阜と滋賀に勢力を拡大し、さらに政財界にまでその名を轟かすのだった。しかし、広島極道・玄誠会との間に遺恨を残す事になる。そんな中、侠和会々長・工藤(白竜)の命により名古屋最大組織・重光一家の跡目問題に介入する氷室と田村(山口祥行)。暗闘する玄誠会との対立により氷室は多大な犠牲を払う事となる。秋本(哀川翔)らの助力により沈静化するも、関西の勢力図は大きく崩れていくのであった…。
(公式youtubeより引用)

キャスト・スタッフ

監督 ■山本芳久
出演■本宮泰風、山口祥行、小沢仁志、川村りか宮内知美、松田ケイジ、松田優、宮内洋、白竜、哀川翔
amazonページより引用)

ストーリー

前回までのあらすじ→競馬ノミ行為の事で、重光一家内でもめる(その裏には玄誠会の動き有り)→侠和会内で、重光一家について状況説明→氷室と田村の話→氷室、東京へ秋本らと会う→小堺、兄弟分の遠藤と話→花田、玄誠会・柳ケ瀬連合と会い遠藤を抱き込もうと画策→遠藤・大沢、氷室と小堺と話→菅谷率いる北仁会、柳ケ瀬市内でゲリラ戦→町田、焦っている謙太を諭している最中に、襲撃を受ける→町田、一命を取り留めるも一切の責任を受け長い懲役に→この件の仲裁に、至誠会の会長が入り手打ちに→川谷と氷室、いつものバー→謙太・金澤、北村・花田を襲撃するが、北村が逃げ込んだ先が筒井興業→秋本・若宮の計らいで、場が収まる→その一件で、謙太は破門→重光一家総長の病院の受け入れ先が決まる→謙太が暴走しそうなのを止める川上→(同時刻)大沢、花田に飲みに誘われたところ襲撃を受ける→大沢、花田を射殺・川上が逮捕→金澤、襲撃を受け死亡→氷室、大沢と…→しばらくして、重光一家総長は引退し、跡目は遠藤が継ぐ→反侠和会組織、西日本睦会が誕生→ 10へ続く⇒

登場人物(※再度見直し

二代目侠和会

会長:工藤雅信
会長付/小堺組組長:小堺透馬

一考会

舎弟頭/会長:尾本明良

工藤組

本部長/二代目組長:渡部圭太

二代目山崎組

二代目侠和会若頭/組長:川谷雄一 (本家直参昇格)
舎弟頭:ムラカミ
若頭/川谷組組長:氷室蓮司
若頭補佐/町田組組長:町田駿
若頭補佐/中島組組長:中島勇気
若頭補佐/川上組組長:川上章介
若頭補佐/二代目龍征会会長:菅谷謙太

二代目三上組 川谷組若頭/組長:田村悠人
三上組内北仁会柳ケ瀬支部 会長:金澤宏之

三代目重光一家/名古屋

総長:アサイ
若頭:花田茂
若頭補佐:遠藤勝
若頭補佐:大沢五郎
大沢の舎弟?:カジ  

柳ケ瀬連合会/岐阜・柳ケ瀬

会長:遠藤勝

玄誠会/広島

幹事長:福本貞夫  

その他

金澤弟(焼肉屋「虎太郎」):カツ

丸神連合

丸打組二代目三田組組長:秋本照政
秋本組幹部/若宮組組長:若宮猛
大日本礎會会長:堀井謙介(氷室と五分の兄弟に)
宮本同友會政治連盟議長:宮本稜治
五代目極山会直参植木組組長:植木尚人   

f:id:t_karara:20190429222656j:plain

ざっくりに言うと…

名古屋を吸収する話。
その過程で、広島・岐阜財政界と色々あるだけ。
指切りシーンもあるよ!

ココが好き!

●俺とおまえの仲

川谷が誰にも言ってないBarに氷室を連れて行き、その話を悠人に話す。

あの過去回を思い出しながらだと見ると、あれから信頼し合った関係になったのだと感じられてとても好き。

●焦っている謙太に町田が…

町田「自信もっていいんだよ、イケイケばっかりじゃなくてちゃんとやれる。親父も頭も田村の兄貴もそう言いてぇんだと、俺は思う」
「500人からの若い衆だってキチンとお前についてきてんじゃん。ええ、二代目龍征会会長さんよ」

この直後の謙太のふっと笑う顔が好きです。町田は謙太だけでなく、カウンセラーとか迷える人を導く事に向いてそう。そしてこんな素敵なシーンな後に襲撃されああああ…。この緩急の良さよ。

●謙太の暴走

焦り故にやることが裏目に出ている。町田・川上逮捕もみんな謙太の事を思っているの好き。これから成長を期待させるそんな終わり方。

死亡フラグ

金澤「ワシ、ヤクザ辞めるわ」
(略)
弟「よっしゃ!これから、にーやんの面倒は俺がみたる!まかしとき!」

金澤兄はヤクザやって弟を学校に通わせて、自身はこれから二人で頑張って行こうってなったのに…目の前であんな惨劇つらい。残された弟は怒る事も無く、静かに現実を受け止めて兄を見送ろうとしている。死ぬシーンはいっぱいあるけど、一般人が巻き込まれる描写と重みを感じる。こういうシーンがあるから極道作品って好きなんだ!

大沢さんと…

●良くも悪くもピュア

「あんな出来損ないでもあれは重光一家の頭や。柳ケ瀬はどうでもいいが、頭に手出すんなら黙ってるわけにいかねぇぞ。」

出来損ないで乞食みたいだと思っているのにこのセリフ。そう思う事ができないので見倣いたい考え方。

●電話でのお礼と約束

「俺がそっちに行く!明日でいいか?いいよな!じゃあ場所決まったらまた電話するぜ、じゃあな」

で勝手に決めちゃう。 声のトーンが明るいしはしゃいですごく嬉しそう!


●決着

「すまんな、あんたにはキチンと礼を言いたかった」
「男は言い訳をするもんじゃねぇ、親父の口癖だ」
「あんたとはもっと早く会いたかったな」
「色々騒がしいやろ、俺の首で話付けてくれ」
「親不孝してすまなかった、親父にそれだけ伝えてくれよ…」

最後までブレない。かっこいいですね!!この臨機応変にできない所が良いところ!そう生きてきたから、そう死ぬしかないのだと。人間急に変わる事など出来ないし、すごく考えさせられる。

まとめ

好きな話ベスト5に入る話だったー!!
氷室さんは控えめで、大沢さんと謙太を注目して見ると良いです!

日本統一9

 

―――――――――――