任侠かもしれない

任侠かもしれない

任侠作品の感想を書いてます。

【日本統一10】明石・高松でドンパチ、手打ちの流れになるも決裂し…

 

概要・あらすじ

二代目川谷組々長・氷室(本宮泰風)の指揮により、名古屋最大組織・重光一家の跡目問題を解決するも、広島極道・玄武会を筆頭とする12団体による反侠和会組織・西日本睦会が発足するのであった。先兵となった四国会、憂国義勇党によりシノギである兵庫・明石に侵攻を受け、侠和会舎弟頭・尾本が暗殺される。復讐に燃える氷室と田村(山口祥行)は怒濤の反撃にでるのであった。

(引用:youtube

キャスト・スタッフ

出演:本宮泰風 / 山口祥行 / 小沢仁志 / 川村りか / 宮内知美 / 松田ケイジ / 工藤俊作 / 宮内洋 / 白竜 / 哀川 翔

(引用:youtube

ストーリー(読まなくていい

前回までのあらすじ→明石で揉めて弾いてしまう一考会→尾本、山崎組の事務所に訪ね相談→広島玄誠会、会長の考えは地固めで侠和会とは静観姿勢→氷室、堀井に相談→福本、憂国義勇党と話→丸神連合内がごたつく→憂国義勇党、社長を脅しドンパチ勃発→国宗、義勇党に手を止めるように言うも収まらず→侠和会幹部会、尾本自身で決着付ける事に→川谷組内、これからの動きについて→いつものバー→国宗、侠和会との戦争を決めるも四国会からは手を貸してもらえず→義仁会、堀井を経由して侠和会との話し合いに→【手打ちの流れ】高坂は話し合いに応じる意志あるが、福本は工藤出ないと話し合いはできないと主張→義勇党勝手に動き、話し合いが無しになる→義勇党の事務所に乗り込みドンパチの末、一般人を巻き込む→一方、秋本はオキタと和解→尾本、引退と共に戦争終結の考えを川谷ら伝えた後、襲撃され死亡→拷問シーン挟みながらの戦争終結宣言→川谷組内昇格→国宗死亡→

11へ続く⇒

登場人物

二代目侠和会

会長:工藤雅信

一考会

舎弟頭/会長:尾本明良
(役職不明):キジマ

工藤組

本部長/二代目組長:渡部圭太

二代目山崎組

二代目侠和会若頭/組長:川谷雄一 
若頭/川谷組組長:氷室蓮司
若頭補佐/中島組組長:中島勇気

二代目三上組 川谷組若頭/組長:田村悠人
三上組古参:シブヤ

西日本睦会

玄誠会/広島

会長/玄誠会会長:高坂玄
理事長/玄誠会幹事長:福本貞夫

四国会

会長/松山・龍仁一家総長:赤瀬健児
高松・義仁会会長:国宗
高知・伊勢脇一家総長:麻岡光利
徳島・後藤田組組長:伊月寛

丸神連合

丸打組二代目三田組組長:秋本照政
スイジン会:オキタ
秋本組幹部/若宮組組長:若宮猛
大日本礎會会長:堀井謙介

その他

憂国義勇党/明石支部代表:猪塚正美
破門されうどん屋勤務(元二代目龍征会会長):菅谷謙太

f:id:t_karara:20190501220405j:plain

ざっくり言うと…

舞台:兵庫・明石
産廃処理の利権が発端となりドンパチ!
拷問シーンもあるよ!

ココが好き!

●19分36秒あたり…
田村「喧嘩は強ぇ奴とやるから面白れぇんだよ」
氷室「あなたはいくつになっても、本当に変わりませんね」
田村「変わりませんよ~一生このままじゃないですかねぇ」
氷室「いいんじゃないですか、そのままの君で」
 (略)
田村「よし、四国獲りますか…」
氷室「やろうぜ」
 
あああああ~~最高ですッ!!何が最高なのか分からない人は日本統一567を見直しましょう。前の部分は二人の仲良しさが伝わってきて「四国獲りますか…」が冷静にビジネスモードに切り替わる瞬間とかすごく好き!!たまに、私が狂ったように567を良いというのは、こういうシーンがあるからです。さあ!567の良さを見てもう一度このシーンを見ましょう!

●カタギの謙太

うどん届けてくれます。この先の回を楽しむ為にもカタギっぷりをちゃんと見ましょう。

●猪塚さんんンン…

ブレないクズ感!色んな恨みを受けてのあの拷問シーン嫌いじゃないです。

●尾本さんの回!

侠和会幹部会で「力貸しましょうか?」と言われ
「ええから、ほっといてくれ」
「頭、この件はワシに任せてくれ。誰の力も借りんときっちりケジメとるわ」
「あんなモンワシ1人で十分や、皆も余計な気回さんといてくれ、ええな!」

→ああっ、フラグが…!!

二人から見た尾本さん
川谷「ホンマに手間のかかるオッサンやで」
氷室「ふっ…でも憎めませんよね」
川谷「せやから、こんなに気使っとるやないかい。……あの人は、会にとっての大功労者や」

→この人間関係が見えるやりとりが良い~。こういうワンシーンすごく好き!

最後の食事

「義仁会の意向なんぞ無視して、一方的にワシらの勝ちやーいう勝利宣告を世間に向けてぶちまけたる」
「どや?これで綺麗に戦争を終わらせるんと思わんか」
「警察に声明文持ってくんや、ワシの引退声明と一緒にな」

→このセリフの時、ちょっと笑顔で心を決め切った顔で好き。それを伝えた時の周りとの温度差!

随所に凄まじい死亡フラグを感じます。寂しく回想シーン入るの良いです。執行部に川谷組の人を入れる為には、誰かが居なくならないと席が空かないからね…というメタ読みしたが、そういうのは観方はよくない。

まとめ

尾本さんを見る回!
四国制圧の前哨戦みたいな感じです。

日本統一10【動画配信】

 

U-NEXTもオススメです!

sobakara.hateblo.jp