任侠かもしれない

任侠かもしれない

任侠作品の感想を書いてます。

【日本統一11】高松の利権を巡り、四国全土がごちゃごちゃ…

概要・あらすじ

高松義仁会傘下の憂国義勇党の襲撃を受けた侠和会だったが、山崎組若頭・氷室(本宮泰風)の命を受けた、田村(山口祥行)の猛攻により義勇党を壊滅させるのであった。この功績により氷室は侠和会々長・工藤(白竜)の盃を下ろされ直参へと昇格を果たした。同じ頃、高松義仁会々長の変死により空席となった高松の利権をめぐり、四国全土へと広がる新たな抗争の幕が上がるのであった。

(引用:youtube

キャスト・スタッフ

【CAST】
本宮泰風 / 山口祥行 / 小沢仁志 / 川村りか / 宮内知美 / 松田ケイジ / 白竜 / 哀川翔

(引用:youtube

ストーリー(読まなくていい

前回までのあらすじ→高松義仁会長の死により、高松を巡り四国会内で揉める→いつものバー→氷室、直接四国会に宣戦布告(四国内を更に疑心暗鬼に)→大西、吉門らから襲撃を受ける→侠和会と伊勢脇一家が繋がっていると思わせ四国会内部が更に亀裂→吉門、氷室らと話し合い→伊月、玄誠会に出向き応援要請、更に大西に氷室をやる様にけしかける→大西、氷室襲撃準備するもミスで爆死→四国会、より一層揉める→麻岡総長、四国会脱退→田村、吉門を侠和会側に付くことを誘うも拒否→氷室、秋本と…→吉門、伊月に相談するも襲撃受けまくり→吉門、詫びと見せかけて赤瀬襲撃するも一命取り留め(伊月、この状況見捨てる)→伊勢脇一家事務所襲撃され、立て籠もり→伊月、玄誠会高坂会長と盃交わす流れになる→伊勢脇一家事務所奪還するも…→伊月、調子乗りまくりの後に吉門に襲撃を受け、吉門も死亡→氷室と麻岡・赤瀬が三者五分兄弟盃を交わし四国問題は終結→謙太、氷室と改めて盃交わす→
12へ続く⇒

登場人物

二代目侠和会

会長:工藤雅信
若頭/三代目山崎組総裁:川谷雄一 
直参/三代目山崎組組長:氷室蓮司

工藤組

本部長/二代目組長:渡部圭太

二代目山崎組

若頭補佐/中島組組長:中島勇気

山崎組若頭/二代目川谷組組長:田村悠人
山崎組幹部:三代目三上組組長:渋谷誠吾

西日本睦会

玄誠会/広島

会長/玄誠会会長:高坂玄
理事長/玄誠会幹事長:福本貞夫

四国会

会長/松山・龍仁一家総長:赤瀬健児
高松・義仁会理事長:大西義範
徳島・後藤田組組長:伊月寛

高知・伊勢脇一家
総長:麻岡光利
若頭:吉門康平

丸神連合

丸打組二代目三田組組長:秋本照政
スイジン会:オキタ
秋本組幹部/若宮組組長:若宮猛

その他

憂国義勇党/明石支部代表:猪塚正美
破門されうどん屋→居酒屋勤務(元二代目龍征会会長):菅谷謙太

f:id:t_karara:20190507154758j:plain

ざっくり言うと…

舞台:四国・高松でのドンパチ!
指切りシーンもあるよ!

ココが好き!

●カタギの謙太

うどん屋クビになって、居酒屋で働いている。活躍回!

氷室「それとさ、謙太も連れて行ってやってくれねぇかな」
田村「おお、分かった。蓮司からっていうのは内緒でな」
氷室「まぁな」

わあああ!!車内がほっこり!観てる人たちもほっこり!幸せな気持ちになれるよ!

●人間関係ドロドロは、ふしぎな癒し。

四国会の皆さま、自分の事しか考えてない!良いね~最高だよ!

「ずっと友達だからね~仲良しでいよ☆(ゝω・)vキャピ」嘘みたいな口約束してる爽やか青春映画とか見ると心が酷く傷つきます。四国会って、キレイ事やら仲良しごっこ演出とは真逆なのでああああ最高に好き!!利害関係有る無しに関わらず余裕が無ければ、どす黒い事が多いのにね。嘘もつかず自己主張しまくって自爆する人好き。何故か人の汚い部分を見ると癒されるので不思議です。

●人の話を聞きましょう!

高坂会長→伊月

「一部のモンだけがええ目見みとったら、のちのち必ず喧嘩の火種になるんじゃ。アンタもこうして裏でカバチ打っとったら、そのうち自分がマトかけられるようなるんで」

伊月を四国会二代目として面倒見るか否か

「高知に侠和会がついたら二代目は正面からマトにかけられるようになる。のう、伊月。アンタそれだけの肚できてんのか?」

→ねぇねぇ、何を聞いてたのかな?
伊月さんって会長の話を全く理解していないですね。同じ空間に居るはずなのに、別次元の誰かと会話してるんじゃないかって位不思議な光景。この話し合いの意味がねぇ。とても良い伏線です!

●怒り狂う総長と冷静な若頭

麻岡「ケンカは数やない、根性じゃい」
吉門「本気で言いゆうがですか。どうにもならん事くらい分かっちゅうでしょう」

前線に出てないから、根性論でなんとかしようとするー!下っ端つら( ;∀;)これはこれで麻岡総長も自分の信念を貫きたいのです。

考え方やら行動が一致してないんだけど、この二人、信頼関係あって想い合ってる!!麻岡総長は吉門のことを可愛がってたし、吉門の行動も自分の為じゃなくて全部一家の為で総長の為!もはや揉めている事が最高なシーンにしか見えません。

1番好きなシーンだから注目して見て!
事務所襲撃された後の吉門「これからやる事にアンタとの盃が邪魔なんじゃ」からの「よしかどぉ…」総長の言い方めっちゃ好きです!

●運の悪さMAXの吉門さん

運が悪くて良いですね!!憂いが凄い!陰が強い!流れがまるで来てない!良い素質を持っているのに、あーどうにもならない!そういうもんだね。そういうもんだから、あの人はかっこいい。

<<今のあなたに足りないモノかもしれない?>>

Q,あなたの考えはどういう傾向ですか?

・自分の努力次第でこの世界はどうにでもなる→Aへ
・場の空気や流れ、分析傾向をよく調べて状況によっては退く→Bへ
・どちらでもない→Cへ

f:id:t_karara:20190507224718j:plain

A: 

かなえ「運や巡りあわせ次第でどうにもならなくなる人を随分見ました」
氷室「運が悪い奴はどうにもならねぇか…」

→時には、自分ではどうにもならない見えない力でも感じてみましょう。

B:

秋本「上手く行くとか行かねぇとかそんな事考えちゃだめだ。組の為に命を張るその覚悟ありゃ結果は後から付いてくる。まあ、運が悪けりゃ死ぬけどな」

→運命に委ねるのではなく「シネー」と言いながら事務所に突っ込み爆死する気概が欲しいですね(まぁ私の事なんですけど

 C:
→バランスの取れた人かもしれないし、そうでないかもしれない。

どっちが良いとか悪いとかではありません。当たり前の事だけど、どっちの考え方も大切だし必要だな、と考えさせられました。この回、かなり深い話だった。

まとめ

吉門さんがかっこいい回!
何年か前に見たはずなのに、記憶全部とんでた!新たな発見が多かったので見直して良かった。

日本統一11【動画配信】

 

U-NEXTもオススメです!

sobakara.hateblo.jp