任侠かもしれない

任侠かもしれない

任侠作品の感想を書いてます。

『織田同志会 織田征仁 第三章』全員つぶして、シノギも奪い取る。……それが織田同志会だ

概要・あらすじ

相模会の川重(原田大二郎)のもとに横浜港署の署長・岩村(井田國彦)が現れ、再び相模会の解散を要求する。
川重は岩村が金狼会との関係をネタに解散を拒否。岩村は川重を詐欺で逮捕してしまう。しかし、連行中に川重が岩村を殺そうとし、射殺されてしまう。
織田同志会では一連の騒動に警察と金狼会の癒着を疑う。織田征仁(的場浩司)は相模会の動向を探り、杉田晋作(青木玄徳)の父親・杉田圭作(飯島大介)が狙われる可能性がある為、国外逃亡を支援するが・・・。

(引用:youtube

キャスト・スタッフ

的場浩司
萩野崇 青木玄徳 伊崎右典
脇知弘 品川拓哉 舘昌美
川本淳市 宮川浩明 彩川ひなの
宮本大誠 井田國彦 飯島大介
水沢有美 佐藤藍子 大鶴義丹
松田優 原田大二郎

監督:藤原健一
脚本:花形怜
製作・発売元:アドバンス
販売元:オールイン エンタテインメント
(C)2020アドバンス


(引用:youtube

ストーリー(読まなくていい

いつものおしゃれシーン→相模会、ハメられた事実を把握→岩村、河重に解散を要求→河重、岩村が金狼会との関係を突きつけるも逮捕の流れ→連行中、河重は銃を奪い、岩村を殺そうとするも逆に射殺される→織田同志会、これからについて→征仁、バーで梅本・神谷から情報を→猪瀬、堂本にこれからの相模会のことを言う→陳、金狼会に脅される→圭作を海外へ逃がす準備→圭作、相模会の構成員?に刺され死亡→着々と、中華街の利権が金狼会のものに→織田同志会、署の前で演説からの岩村と征仁、あとで話し合うことに→征仁、まちあわせで襲撃を受けるも返り討ち、拷問→猪瀬、征仁に金狼会倒す共闘を提案→征仁、これを拒否するが、猪瀬は征仁に頭を下げて頼む→佐久間、晋作に電話で呼び出し→晋作、大木、金狼会にハメられ→織田同志会VS金狼会→みんなで、大木の元へ→織田同志会、岩村を拉致(岩村は中華街の入口に吊られる)→梅本と神谷の解説パート→桜井、征仁に電話(桜井の裏には、堂本)→大木の死を受け止め前へ進む
⇒第4章へ続く

登場人物

織田同志会

会長:織田征仁
副会長:小野田勝利
構成員:杉田晋作
構成員:矢島達也
構成員:高畑リュウ
構成員:大木幸次
構成員:松浦竜一

金狼会

会長:佐久間昇
副会長:田辺博史

相模会→相模連合

(会長死亡により、組員が流れる)
会長:河重義春
若頭補佐:堂本力也

猪瀬組

相模会若頭→相模連合会長/組長:猪瀬義男
(役職?):ミツオカ
組員:杉田圭作

横浜港署

署長:岩村輝幸
組織犯罪対策課刑事:桜井栄一

その他

元天道会若頭補佐(現:情報屋):梅本考也
元神谷組組長(現:不動産ブローカー):神谷昇
不動産屋:陳光子
バーの店長:高木香澄

f:id:t_karara:20210918165254p:plain

ココが好き!

【舞台】横浜
【バーの名前】FIRST
【神棚】なし

ドンパチ!

  • 金狼会の人、陳さんのノートパソコンにナイフをぶっさす!

約束したのに……

岩本さんと征仁さんの待ち合わせ場所に、岩本さんは来ず。
代わりに、金狼会の人が車でつっこんできます。それに対して、征仁さんは発砲して車をクラッシュ。命中率がすごい。

 

拷問シーン

捕まった金狼会の人は、右指を一本一本丁寧に、とんかちで打たれます。

「これまでに岩本に渡した賄賂の詳細を紙に書け」と言われるけども、打たれた指でペンは握れないから……

征仁「なら指で書け」

と、左の人差し指を切り落とす。

征仁「どうだ? 書きやすくなったろ?」

ああああ、優しいお気遣いありがとうございます。……はい、これで書けますね(震え)最後は真相を全て話し、晋作がトドメを刺し、このシーンはおしまい。

 

呼び出して…

佐久間「昔のよしみじゃねぇか、頼むよ」
晋作「…………嘘じゃねぇだろうな」
佐久間「もちろんだ」

からの、嘘です~~(; ・`д・´)でも、言ったことの半分は真実だからいいんです。

 

大木VS筋肉バカ

大木は、素手では手も足もでず……

筋肉バカ「弱すぎて相手になんねぇ。誰かこいつに道具貸してくれ」
大木「てめぇ……後悔するぞ」
筋肉バカ「させてくれや」

と自分から言ったのに、
いざ顔を傷つけられると、チャカ出して撃っちゃう筋肉バカさん。

「おおおきいいいいいィィィ!!!!」

ええええええ。大木さんフラグっぽいのに何も無かった(はず?)なのに。ノーモーションなフラグ無しで殺されるなんて、そんな、そんなぁ、そんなことって……なってこった。ううう、なんという演出、くっ……やってくれます!!

 

織田同志会vs金狼会

最高じゃないですか~~!!!
団体の乱戦!殺陣シーン!そして時折、発砲!!この回、一番の!最高の!盛り上がりシーンです(╹◡╹)!テンション上がる!

みんなそれぞれ、活躍してる!かっこいい~~!!
リュウは、前回は捕まってて今回、ヒャッハー!なとこが見れてよかった。小野田さん、左手に日本刀で右手に拳銃……という、特に意味もなく真似したくなるかっこよさ。

 

  • 筋肉バカ

両腕をスパーン!と斬ったあとに、ザクッっと、刺して口をめいいっぱい開いていく。ひえええ、とてもおそろしいことを(こわい)

  • 田辺

征仁さんに、首をスパーッ、ともってかれる。

  • 佐久間

佐久間「織田征仁は、手出しちゃいけねぇ相手だったのか」

もう遅いよ。自分でこのドンパチが始まる前に「織田征仁の恐ろしさは知っている」って言ってたのに。征仁さんから、脳天一撃を喰らい死亡。

 

人物いろいろ

河重さん

マンションの名義貸しによる詐欺罪。
そして、出頭前に白い服にお着替え。(この世界、白い服を着てたらもうダメなんです)オープニング前に、かっこよく逝ってしまう。

撃たれてた時の猪瀬さんとの後ろの人の表情が、すごく良かった。スローなのが余計に。

  • Our Tube (動画サイトの名前)

河重の最後の瞬間が、動画投稿されている。キレイに撮影されていて、再生回数100万超え。一体、誰が撮ったのだろうか??(続きを見れば、真相が……!)

 

相模会

  • 猪瀬さんと堂本さん

若頭と若頭補佐の関係。

会長が死んでしまって、組織の均衡が崩れて、内部でモヤっ?と、した空気になるのが好き。

(((こちとら会長だから、今までついていってたわけで、若頭のことは別に何とも思ってないんですけど?……よくある、よくある!!)))

  • 征仁さんに頭を下げるとこ

頼むだけのシーンなのに、かっこいい。

猪瀬「親分は……アンタのことを認めてた。昔の極道の匂いがする、ってな。自分にもしものことがあったら、織田と組め、そう言ってたんだ」
猪瀬「俺は親分の為ならいくらでも頭を下げる、だから力を貸してくれ!

 

杉田家

初めての海外にはしゃいでる父。

圭作「初めてのパスポートだ! ばかっ! すこしはちゃんと、支度くらいやらせろや」

ここで、『織田同志会 織田征仁 第二章』のフラグが回収されたわけです。

「ああああ、もうこんな演出されたら、絶対しんじゃうから~!!」と、2章終わっても、結局生きてたんで「あれ?」と思ったのですが、しっかりと最後のシーンをやってくれました。

土砂降りの雨とか、回想のキャッチボールとかさあ。ううう涙が……。
第ニ章でたっぷりと杉田親子の関係が描かれているので、じっくり見ましょう!

晋作「家族に迷惑かけっぱなしの親父でしたけど、……俺は結構、好きでした。親父のこと」

本当に素敵な親子でした!!

 

主題歌の歌詞

「夜の果てに吹く風よ」

唄:坂本つとむ
作詞:森 浩美
作曲:坂本つとむ
編曲:森 拓人
ピアノ奏者:片岡英昭

ーーー

ばかげた約束を 不意に思い出した
あの頃は 訳もなく楽しかったな
てっぺん掴もうと 青臭くても

ーーー

今更ですが、大木の死を気持ち的に処理できなくて、歌詞を眺めてた。じわじわ心に染みる素敵な曲です。

聖地巡礼

  • 証明写真を撮ってる場所:高円寺北2-19
  • 圭作を看取った駐車場:↑上記から南に進んだTimes?

好きなセリフ! 

岩村】「ヤクザが警察を脅せる時代は、とうに終わってるんだ!」
【河重】「上等じゃねぇか。己の信ずるままに生きてきたんだ!後悔はしねぇよ、死ね」
【征仁】「金狼会も、相模会も、サツも……うちの邪魔する奴は全員、敵だ」
【猪瀬】「相模会は俺が継ぐ、会長の遺言だ」
【神谷】「言葉の問題なんか、殺されることに比べればなんてことない」
【圭作】「はじめての外国よ……楽しみにしてたのによぉ」
【征仁】「全員つぶして、シノギも奪い取る。……それが織田同志会だ」
【猪瀬】「シノギなんて二の次なんだよ。俺は親分の仇が討ちてぇ、それだけなんだ」
【佐久間】「強い奴がいると聞けば、そいつを這いつくばらせたいと思うのがヤクザだろ?」
【征仁】「晋作……苦しみの中で生きろ、大木をしょって生きろ。……それが、俺たちに課せられた定めだ」

 

 引用:織田同志会 織田征仁 第三章

まとめ

指を切り落としたり、最後の織田同志会と金狼会のドンパチも最高~~!!

ですが、やっぱり第二章で杉田親子にがっつり心を掴まれた身としては、この最後のシーンがすごく、すごく良かったです。

父の圭作、仲間の大木の死を乗り越えて、晋作は強くなっていく……そして、織田同志会は前に進んでいく……そんな感じです。

あと、大木の死はけっこうな衝撃で、油断してました。織田同志会の人たちは、死なない、と思い込んでました。どうして、人って簡単に死んでしまうンン?

 

織田同志会 織田征仁 第三章

 

U-NEXTもオススメです!