夢の中のたからら

任侠かもしれない

最近は任侠作品の感想を書いてます。

『表と裏 第3章』俺も…何か違う事ができるのかな

概要・あらすじ

民衆党議員・堂前恭一(遠藤要)は箕輪組々員の郡司昭次(大東駿介)は手を組み日本を変えるために動き出した。そんな矢先、郡司が何者かに刺され姿を消す。一方、堂前は民衆党幹事長・石部の秘書となり、石部と対立する経済産業大臣・鬼嶋(赤井英和)に近づいていく。

(prime video引用)

キャスト・スタッフ

監督 藤原健一
主演 遠藤要, 大東駿介, 大塚千弘

(prime video引用)

ストーリー(読まなくていい

【過去/2年前】→●●殺害/→堂前、週刊リアル編集長とのお話→堂前、久美とお話→居酒屋で公安・一課・記者の3人のお話→竜神会会長、出所→宗教団体(森下の現在)→刺された昭次、目を覚ます→恭一、新宿駅西口で街頭演説→竜神会、お話→旭川、行方不明中で計画が難航→鬼島、更科に例の写真を→恭一、襲撃を受け秦死亡→更科、自殺
⇒4へ続く

登場人物

堂前恭一(民衆党議員)

民衆党
幹事長:石部新太郎
経済産業大臣:鬼嶋修一
厚生労働大臣:更科浩一
衆議院議員:牛尾貴志

週刊リアル
編集長:安藤克己
編集者:森下瑤子

厚生労働省安全局 局長:田中信孝
マッシブヘルフ社長:旭川隆良
古本屋主人:村沢流源

医者:林田和男
児童養護施設あさがお職員:西岡久美
天才ハッカー:桜木晴海 
アミターユ教祖:北条天里

警視庁

捜査一課:安住秀幸
公安部:倉中肇
公安部:早川純也
公安部:浅見優子 

首刀社

?:今野悟

竜神

総長:神山直介(68) →出所

羽田組
若頭補佐/組長:羽田伸明
組員:郡司昭次

殺し屋:秦
殺し屋:黒木

銀老獪

竜神会若頭/会長:天田龍
若頭:木崎洋平

f:id:t_karara:20191220173743j:plain

ここが好き!

【マッシブヘルフ:クリスタル+V】
厚労省認可薬。常用性が高く、多く服用すると自殺する。高額な為、一部の富裕層に人気。所謂、政府公認の合法ドラックで、物語のキーアイテムみたないものです。

【会長は何を食べてるのかな?】
出所して車中で、羽田の肩をトントンして次のチョコ?を催促する会長が良いです。

【養護施設あさがお】
村沢「官僚や政治家、やくざに宗教団体、その施設はそういう奴等にビジネスとして使われていたんだ」
→お薬の治験させられたり…した子供たちがNWOメンバーです。

【フラグ】
秦「俺も…何か違う事ができるのかな」
恭一「できるようになる、きっと」
→この時点で、イヤな予感がしたんですよ。ああああーーッ!!もっと彼の事を深堀して欲しかった。

【鬼島】
更科大臣を切り捨てる鬼っぷりが良いですね!
週刊リアルの森下さんをお茶出しに使うところとか!登場時から恭一の事を自分の息子だと分かっていて…な行動な気がするけど、どうなんでしょう?(答え合わせは、のちの章で)これから更に残虐非道な一面が見られると思うので、楽しみです。

 

好きなセリフ!

【鬼島】「努力をしない人間はここには要りません!」
【恭一】「奴を倒さなきゃ先へは進めない…」
【林田】「人の命を金としか思っていない世界だ、嫌気もさす」
【秦】「俺も…何か違う事ができるのかな」
【恭一】「できるようになる、きっと」
【鬼島】「あなた自殺してください。それが一番良いんです。あなたの家族にとっても、政界にとっても」
【昭次】「そう熱くなるなよ、クールにいこうぜ」

まとめ

ほとんど表の話。

後半に刺したり撃ったりするけど、大半がまったり~政治的なお話。「裏切者がいる!!?」で続くので、やっとぞわぞわする展開になるではと期待!宗教団体やら、育った養護施設でビジネスしていた大人たちがヤバイ人多数で、これからそういう人たちをどう倒していくのか?が気になるところです。

 

表と裏 第3章