夢の中のたからら

任侠かもしれない

最近は任侠作品の感想を書いてます。

『表と裏 第4章』今日からお前は堂前恭一だ

概要・あらすじ

日本が闘争の国家へと変貌する--その一部始終を目撃せよ!!遠藤要大東駿介、豪華キャストによる、政治と極道社会の共闘のドラマ--©2015コンセプトフィルム

(prime video引用)

キャスト・スタッフ

監督 藤原健一
主演 遠藤要, 大東駿介, 大塚千弘

(prime video引用)

ストーリー(読まなくていい

前回までのあらすじ→警察3人、居酒屋でお話→郡司と晴美→久美の占い→竜神会のお話→恭一、当選→恭一・昭次・村沢3人で話→新内閣発足→首刀会と関西のいざこざ→旭川、ホームレス姿で発見→【過去】旭川、養護施設の子供たちを治験実験からの園長死亡→倉中、恭一の父?の元へ訪問→【過去】恭一と茂の関係→倉中、恭一と話した後に刺され死亡→安住、拉致される→恭一、育ての父茂のホームへ→関西フードの銀座支店(他渋谷・上野)が爆破事件→怪しい密会
⇒5へ続く

登場人物

都議会議員:堂前恭一

民衆党
幹事長:石部新太郎
経済産業大臣:鬼嶋修一
衆議院議員:牛尾貴志
内閣総理大臣岩村貫太郎

衆議院議員:桑田啓二

週刊リアル
編集長:安藤克己
編集者:森下瑤子

厚生労働省安全局 局長:田中信孝
マッシブヘルフ社長:旭川隆良
古本屋主人:村沢流源

医者:林田和男
あさがお職員→占い師:西岡久美
天才ハッカー:桜木晴海 
アミターユ教祖:北条天里
看護師:中尾緑
堂前恭一の父:堂前茂

警視庁

捜査一課:安住秀幸
公安部:倉中肇
公安部:早川純也
公安部:浅見優子 

首刀社

?:今野悟

竜神

総長:神山直介(68) →出所

羽田組
若頭補佐/組長:羽田伸明
組員:郡司昭次

殺し屋:秦
殺し屋:黒木

銀老獪

竜神会若頭/会長:天田龍
若頭:木崎洋平

難波連合

若頭:山崎勝利

f:id:t_karara:20191226212456j:plain

ここが好き!

【村沢への疑い】
恭一「鬼嶋と接点があるのは、俺とじいさんだけだから」
昭次「恭一考えすぎだ」
恭一「おまえが言ったんじゃないか!じいさんが怪しいって…」
村沢「冗談が過ぎるぞ、おまえら」
→うーん?ものすごくフラグっぽい。途端にこの方が一番怪しくなるのですが?あと他に裏切者に適した人が思いつかない。

【義父に対して】
恭一「俺は良い息子じゃなかった…あんなに良くしてくれたのにな」と言いながら首絞める。
→泣いているのは、完全に振り切れてない?そうせざるを得ない葛藤や色んな感情がごちゃまぜで人間味あふれている。1話目でマミちゃんが亡くなった時の感情剥き出しで取り乱したり、目的の為に完全には割り切れていない所が恭一の良いところですね!

⇒その後に…
久美が恭一に「強い心を持つべき人間なの」と。久美は全てを見抜いた上での対応なんですよね??

好きなセリフ!

岩村】「何よりも恐ろしいのはマスコミだからな。あのマスコミどもに騒がれたら…」
【郡司】「数を増やし過ぎると管理がしずらくなる」
【村沢】「今日からお前は堂前恭一だ」
【倉中】「あなた……本当に堂前恭一ですか」
【天田】「戦争っていうのは戦い。争う事を言う、でも今度のは争わない」

まとめ

過去のお話。
養護施設あさがおでの何があったか?を更に掘り下げ。そして、恭一と義父の関係。後半戦に向けての敵はこいつらか…と確認する回。

表と裏 第4章