任侠かもしれない

任侠かもしれない

任侠作品の感想を書いてます。

『裏社会の男たち』余る財力を使って検察、軍人、マスメディア、その全てを買収するんだ!


概要・あらすじ

巨大企業として日本に君臨するヤクザ組織。その総合商社W・R・Cの会長・立花(松方弘樹)は、警察、官僚を買収することで更に強固な組織を築き上げていた。理事長の梅原(小沢仁志)は過去にキャンディマンと呼ばれ恐れられた殺し屋で、会長秘書の多田野(波岡一喜)とは兄弟分の付き合いをしている。ある日、内部にスパイが潜伏しているとの情報が入り、巨大な組織が疑心暗鬼から分裂し始める。

(引用:youtube

キャスト・スタッフ

出演:小沢仁志 / 波岡一喜 / 菅田俊 / 中野英雄 / 山口祥行 / 小沢和義 / 川原英之 / 野口雅弘 / 佐々木心音 / 遠藤沙季 / 福山優 / 鶴田さやか / 岡崎二朗 / 渡辺哲 / 深水三章 / 松方弘樹

(引用:youtube

ストーリー(読まなくていい

ヤクザが消えた社会。中国組織がBLDデータ/IDチップを狙っている→W・R・Cが「脱税容疑、逆転無罪」報道→【W・R・Cは表向きNPO法人だが中身は元ヤクザ】:検察官僚メディアをも買収し、力ではなく金の力で支配している→内部分裂の危機に?→山中、中国組織にBDL製造データとIDチップ要求される→第3倉庫にて、脱税をリークしたスパイは井出。田村によって拷問からの死亡→梅原トイレで襲撃に遭う/会長はあて逃げ事故に遭い死亡→IDチップや次期会長の事なので揉める→多田野は単独でデータに(ハヤミから没収した)入っていた場所へ向かうと…そこには佐野とフリージャナリストだと思っていたハヤミが…?!

⇒第2章へ

登場人物

総合商社W・R・C

会長:立花
副会長:今野
相談役:佐久間
理事長:田村(中国担当)
理事長:梅原(キャンディ・マン/韓国担当)
副理事:井出
会長秘書:多田野
製薬会社社長:山中

警察/公安0課

警視正:田島
警部補:佐野
警部:浜田

その他

フリージャーナリスト:ハヤミ 

f:id:t_karara:20211011194846j:plain

ココが好き!

【舞台】都内
【言語】韓国語や中国語もたまに!
チンピラが「ヒャッハー」という雰囲気は一切無い。

ドンパチ!

流血・殴打多め。ざくざくな刺殺音。

裏切者

脱税の情報をリークした裏切者は、「今野の側近:井出」。
田村に、足の甲をハンマー?でバーン!!とされ、「誰の指示か?」を漏らした後に、最後に頭をガーンとされ死亡。

 

入ってるよ!

梅原さん、お花摘み中に……ドアをドンドン叩かれる。何度も叩かれるものだから、個室から出ると、3人の刺客にナイフで襲撃をうける。が、それを撃退。

 

当て逃げ

交通事故により、会長・立花と運転手は死亡。
同乗していた多田野は、ただ一人生き残る。

 

地下駐車場

葬式後、WRCの幹部たちが話し合っているところで、突如襲撃される(のちに、中国組織だと分かる)。

BDL(ボーダレス)

お薬。
依存性が無く価格が覚せい剤より安い。なにより、検査しても反応がでない。その製造データを中国組織が欲しがっている。

 

公安0課

田島「ヤクザがいてくれたほうが分かりやすかったわね」
佐野「今までのままじゃあ、勝てませんよ」
田島「なら、なんで作ったの? この公安0課をさ!」
佐野「法に縛られた組織で勝てる相手じゃないってことですよ」
田島「法で裁くのが我々の使命でしょう」

スパイ作戦に許可はしないが、黙殺する田島警視正
(田村さんは、女性初の警視正

 

立花さんのお話

その1

立花「どう形を変えようと、我々の心根はヤクザ」
「だが今は、力で治める時代じゃない。すべては金がモノを言う。財の時代」

(略)

「余る財力を使って検察、軍人、マスメディア、その全てを買収するんだ!」

その2

立花
「組織や企業が崩壊するのはどんな時だか分かるか?」
「内部分裂だよ。どんな組織や企業も、大きくなればなるほど内側から亀裂が生まれてくる」
「一番最悪なのは、その亀裂に気がつかないことだ」

 

お金じゃない

梅原
「血のつながりが無いのに、何でヤクザは兄弟になれるか分かるか?」
「共に飢え、共に苦しみ、死ぬ思いをして共に涙を流すからだ」

梅原と多田野は、2人は施設で出会ってから兄弟同然の関係。

 

次期会長候補

・副会長:今野(組織ナンバー2)
現在窓際に追いやられている。

・理事長:田村 
(中国担当)冷酷。残忍、計算高いの三拍子。

・理事長:梅原
(韓国担当)在日。前は、キャンディーマンという殺し屋だった。会長の立花が一番信頼していた。田村とは馬が合わない。

 

葬式

梅原、立花会長の腕時計を形見としてもらう。
(実は重要シーン)

すきなセリフ!

【田島】「ヤクザのトップに警察のスパイを送り込むなんて、前代未聞だわ!」
【立花】「余る財力を使って検察、軍人、マスメディア、その全てを買収するんだ」
【佐久間】「だからといって、抗争だけは絶対に避けなければならん。俺たちの生きる道は、あくまでも共存共栄だからな」
【今野】「あまりイキがるなよ」
【佐野】「俺がおまえに会いに来たわけ……わかるな?」

引用:裏社会の男たち

まとめ

巨大企業(中身はヤクザ)の内部分裂と、中国組織が仕掛けてくる話。

続く前提で作られているので、ストーリーの流れは割とまったり。山場は会長が亡くなるシーンだと思うが、ゆるかな起伏なので全体的に淡々としている。
オープニングの曲かっこいい。重み、深みあるカッコよさ。  

(私は裏社会の男たちは第5章が一番好きです!)

 

裏社会の男たち【動画配信】

 

U-NEXTもオススメです!

sobakara.hateblo.jp