任侠かもしれない

任侠かもしれない

任侠作品の感想を書いてます。

『裏社会の男たち 第三章』命がけなのは君だけじゃない

概要・あらすじ

ヤクザ社会が統一し巨大コンツェルンとして発足したW.R.C。内部にスパイがいると踏んだ理事長の梅原(小沢仁志)は、裏切り者を炙りだすために動き出す。そんな中、同じく理事長の田村(菅田俊)ははチャイニーズマフィアに接触し、W.R.Cのトップに上り詰めることを画策。同じ頃、亡き会長の秘書・多田野(波岡一喜)は、公安0課に協力するジャーナリスト優子(佐々木心音)のアジトを訪れるのだった・・・。

(引用:youtube

キャスト・スタッフ

出演:小沢仁志 / 波岡一喜 / 菅田俊 / 中野英雄 / 山口祥行 / 小沢和義 / 川原英之 / 野口雅弘 / 佐々木心音 / 遠藤沙季 / 大塚莉奈 / 福山優 / 鶴田さやか / 岡崎二朗 / 深水三章 / 渡辺哲

(引用:youtube

ストーリー(読まなくていい

あらすじ→梅原と多田野の過去→梅原、田村と話をする→梅原派、飲んでいるところ中国マフィアから襲撃受ける→梅原、ジュヒョンを人質を山中に製薬工場に呼び出される(ICチップが目的)→病院へ→組織が梅原派か田村派で内部別れる→山中、ICチップを持って周の元へ行くが刺され死亡→周李、ダミーチップを掴まされ爆発→諸事情あって韓国へ…組織内に内通者がいる!!
⇒4へ続く  

※BDL(ボーダレス): 依存性が無く価格が覚せい剤より安い。検査しても反応がでない。中国組織が欲しがっているお薬です。

登場人物

総合商社W・R・C

(巨大組織として形を変えたヤクザ)
相談役:佐久間
副会長:今野
理事長:田村(中国担当)
理事長:梅原(キャンディ・マン/韓国担当)
梅原の側近:韓
会長秘書:多田野
製薬会社社長:山中

警察/公安0課

警視正:田島
警部補:佐野(速水の父)
警部:浜田
フリーライター:速水

中国黒社会

幹部:周季→(死亡

黒龍

幹部:楊

ココ好き

【肝臓移植の話】
肝臓は一つ。二人の残り時間も一緒。そこで二人は互いの銃に一発ずつ弾を込め突きつけ合った…相討ちで二人とも死んだ。
→この部分は、のちの伏線なのかな?ただのたとえ話だったのか?

【どんぱっち!】
開始30分位までお話中心で静かで淡々です。
?「アッー‼お客様困ります~~!!お店の中が蜂の巣に~~!!」巻き込まれた一般人は迷惑どころではない。でも、うるさいくらいにガンガン撃ち合ってるの楽しい~!最高ですー!!\もっとやっちゃってくださいー!/

好きなセリフ!

 【佐野】「いくら正当防衛だからってな、銃を撃ちまくっていいって法律はこの国にはねぇんだ」
【山中】「動脈を軽く切ってある!すぐには死なんが長くは持たんぞ」
【梅原】「俺は今まで多くの人を殺してきた、苦しみなんて感情はもう消えちまった」
【梅原】「人を平気で殺せるのは、殺し屋か元殺し屋だけだ」
【浜田】「命がけなのは君だけじゃない」
【浜田】「実の兄弟同然に育った人間を助けるためには、その人間を裏切らなければならないだろう」

まとめ

店内の撃ち合いが楽しい!!話の流れはゆるやか(個人的な体感)。

この回は、
①梅原vs田村
②警察と内通している多田野 
が、これから先どうなるのかな?!?!!、きっとこれは伏線であろう?みたいな後の展開を想像しながら見る時間が多かった。まだ起承転結の「起承」の部分?
相変わらずパリン!パリーン!する演出がかっこいい!

裏社会の男たち 第三章【動画配信】

 

U-NEXTもオススメです!

sobakara.hateblo.jp