任侠かもしれない

任侠かもしれない

任侠作品の感想を書いてます。

『裏社会の男たち 第四章』俺の望みは共倒れだ

概要・あらすじ

ヤクザ社会が統一し巨大コンツェルンとして発足したW.R.C。理事長の梅原(小沢仁志)は、韓国に渡り裏組織の朝鮮南北統一を果たすと共にW.R.Cの裏切り者の情報を得る。そんな中、同じく理事長の田村(菅田俊)は公安0課・佐野(深水三章)に接触し、梅原の情報を売り失脚を画策。同じ頃、亡き会長の事故を怪しむ秘書・多田野(波岡一喜)は、優子(佐々木心音)を問い詰めるのだった・・・。

(引用:youtube

キャスト・スタッフ

出演:小沢仁志 / 波岡一喜 / 菅田俊 / 山口祥行 / 川原英之 / 野口雅弘 / 佐々木心音 / 遠藤沙季 / 大塚莉奈 / 岡崎二朗 / 深水三章 / 渡辺哲

(引用:youtube

ストーリー(読まなくていい

4のあらすじ→梅原・韓の2人、韓国入り→韓、韓国の4人の幹部たちとお食事→梅原、潜入し殺害(北と組む予定だった頭目らを殺害)→梅原は佐野と接触→韓国の港で北の組織と契約成立(裏社会の南北統一)→多田野、梅原とお話→梅原、南北統一の件でCIAから注意勧告→次期会長の件でざわざわ→梅原、佐野と取引→裏切者情報
⇒5へ続く  

登場人物

総合商社W・R・C

(巨大組織として形を変えたヤクザ)
相談役:佐久間
副会長:今野
理事長:田村(中国担当)
理事長:梅原(キャンディ・マン/韓国担当)
梅原の側近:韓
会長秘書:多田野

警察/公安0課

警視正:田島
警部補:佐野(速水の父)
警部:浜田
フリーライター:速水

黒龍

幹部:楊

f:id:t_karara:20191215192106j:plain

ココ好き

【どんぱち】
対韓国組織は、さらーっとやっていく。今回は激しい銃撃戦が無いです。

【スパイがいっぱい!】
疑心暗鬼になるレベルで複雑!!
誰が誰をどういう意図があって監視しているか…一発でスッと頭に入ってこず、表と裏の関係が把握できませんでした(私の残念な脳では)。ちゃんと把握したいので、また日を改めてちゃんと確認します。

好きなセリフ!

 【多田野】「俺を信用してないのか、それとも俺はただの捨て駒なのか!」
【多田野】「やくざは俺を信用するのに、警察は俺を疑うか!」
【佐野】「警察にモグラを送り込んでいるっていうのか」
【佐野】「俺の望みは共倒れだ」
【梅原】「これからはお前たちの時代だ、争わず、共存して、繁栄しろ」
【田村】「血の繋がりがねぇのに、義理か杯か。そんなものに縛られて何がおもしろいんだ」
【佐野】「俺の残りの時間はおまえらに賭けてる、人の命を握ろうだなんて神にでもなったつもりか」

まとめ

佐野さん回!

と、言っても過言は無いでしょう。残りわずかな彼に何かあるんだろうな!というフラグたちまくり。今回は激しいシーンが無いので、いつにもましてまったりな感覚。
ラスト15分くらいから続き気になる~~!!状態です。最後についに多田野さんが裏切者であることが…梅原さんに!!?

 

裏社会の男たち 第四章【動画配信】

 

 

U-NEXTもオススメです!

sobakara.hateblo.jp