任侠かもしれない

任侠かもしれない

任侠作品の感想を書いてます。

『裏社会の男たち 第五章』ドラム缶の中身何だと思う?

概要・あらすじ

最愛のジヒョン(大塚莉奈)が殺され、悲しみを隠しながら裏切り者を探す梅原(小沢仁志)。秘密捜査官として潜入捜査をしている多田野(波岡一喜)は上司である佐野(深水三章)から警察のデータベースにある自分の記録が消えてしまったことを知らされる。一方、梅原は中国マフィアとの取引現場で佐野によって、逮捕される。梅原が中国マフィアと取引していた物・・・。それをきっかけにすべての人物の運命の歯車が狂い始める。

(引用:youtube

キャスト・スタッフ

出演:小沢仁志 / 波岡一喜 / 菅田俊 / 山口祥行 / 小沢和義 / 川原英之 / 野口雅弘 / 佐々木心音 / 大塚莉奈 / 鶴田さやか / 岡崎二朗 / 本宮泰風 / 深水三章 / 渡辺哲

(引用:youtube

ストーリー(読まなくていい

あらすじ→梅原、帰国後→楊と取引することを、多田野に意図的に伝える→多田野、佐野へ伝える→取引からの逮捕→『佐野と周李が話していた』DVDが押収され再生→速水、足を刺され拉致→梅原一派、警察から解放→多田野、梅原に呼び出される→速水と田村の側近、死亡→公安0課解体→佐久間と田村のお話途中、田村逮捕
⇒最終章へ続く  

登場人物

総合商社W・R・C

(巨大組織として形を変えたヤクザ)
相談役:佐久間
副会長:今野
理事長:田村(中国担当)
理事長:梅原(キャンディ・マン/韓国担当)
梅原の側近:韓
会長秘書:多田野

警察/公安0課

警視正:田島
警部補:佐野(速水の父)
警部:浜田
フリーライター:速水

内閣府/危機管理対策室

長官:滝

黒龍

幹部:楊

f:id:t_karara:20191217135604j:plain

ココ好き

【交渉の意味】
梅原「初めは敵同士。こっちの欲しい物を持つ敵の力を見定め、そのリスクを計算して境界線を引きながらも、相手の境界線を打ち破ろうとしている。官能的なバトルだ。暴力とセックスが刃の上で均衡を保つバランスなんだよ」
→ここの部分すごい好き!!かっこいい。ここからずっと、梅原さんのターンはじまります!仕方ないよね、時計の針が動き出してしまったのだから。

【多田野】
梅原「信じられるか?こいつみたいに外部じゃなくて、俺たちの身内の中に居るんだぞ」
→静かな声でじわじわ言って、試している言い方。ぞくぞくしますね!全部分かっているのに、あえて自分からは一切出さずに相手のボロ待ち?それに対してどう行動するのか?を見ている。そして、それを黙ってみてる部下の方々の表情もかなり好き!
多田野さん…追い詰められているのに、首の皮一枚で繋がってる状態が、もう精神がどうにかなりそうッ!!

【速水】
ジャーナリストで潜入捜査官。佐野の娘。

多田野と速水が二人で話している(梅原逮捕寸前)や前の章とかのやりとりを思い出しては、涙が出る。
佐野の留守電に、業務的な報告の後「身体を労わって、たばこをやめて下さいね。お父さん」でめっちゃ涙出た。
ドラム缶を海に投げ捨てるところも曲の相乗ですごく哀しい。今まで一緒にやってきた(似た境遇)人が死んでしまうのが、哀しいけどすごく好き!!

【肝臓の話】
第3章で話していた肝臓の話キター!!

好きなセリフ!

【速水】「私情と任務。その違いを区別できる人が必ずしも正しいとは限らない」
【梅原】「世に出たものは必ず消え去るのが定め。それがいつなのか、その人間の行い次第…これは立花会長の口癖だ」
【梅原】「ドラム缶の中身何だと思う?」
【梅原】「楽に殺すなよ、生きてる事を後悔するくらい…じわじわとな」
【佐野】「これはもう戦争なんだよ、やるかやられるかだ」
【田村】「俺はこの毒を皿まで喰らうつもりだ」

まとめ

第5章!!すごい好きなやつ!!!!!

結末に向かう流れが一番好きだ!3・4章で「起承転結」の「承」で焦らされた?かいがあります。一番好きな回です!

・梅原さんが怖かっこいい!
・多田野、速水、佐野の心情

とにかく第5章はこの2つ!!怖いし、しんみりするし感情が忙しくなるけど、好きだなー!倉庫シーン!

 

裏社会の男たち 第五章【動画配信】

 

U-NEXTもオススメです!

sobakara.hateblo.jp